みなさんは、犬や猫などのペットを飼っていますか。生き物は人間と同じようにしっかり生きています。街でたまに見かけるのが捨て犬や捨て猫です。どうしてこんなことするのでしょうか。
アメリカテキサス州にエコー湖公園がありますが、その公園の異名が「犬捨て公園」と呼ばれています。犬捨て公園には毎日犬が捨てられて、酷いときには、人間が犬を虐待している光景もあります。本来なら警察もしっかりするべきですが、警察の管轄が違い、連携がとれていません。ときには、死んでしまう犬もいます。そこで立ち上がった一人の女性がいました。その女性とは一体何者なんでしょうか。

この写真の女性は、アメリカテキサス州のジュディー・オブレゴンさんです。
ジュディーさんは、心ない人間によって捨てられた犬を保護するために、毎日2回エコー公園に通いました。
怪我をしている捨て犬、まだ幼い子犬、虐待を受け傷を抱えた犬がいました。
とてもかわいそうですね。
捨て犬がいないか、公園以外の道端なども念入りに確認します。

毛がボロボロになったこの犬は、住宅街の空き地で保護されました。
かわいそうなことに子犬のころから2年以上も街を徘徊していました。

この犬も背中やお尻のあたりの毛がボロボロになってしまっています。




不法投棄のゴミ山の中で動いていたものは、まったくオッパイが張っていない母親でした、
赤ちゃんの姿が見えなかったため、ジュディーさんは必死に藪の中を探します。
ようやくなんとか一匹は見つけました。

母親の母乳はあまり出なかったらしく、赤ちゃんの体はとても痩せていました。
母親には「Future(未来)」、子犬には「Hope(希望)」と名づけました。
犬は施設で回復してもらい、現在は里親の元で幸せに暮らしています。

無償の愛で多くの命を助けたジュディ-さんは「ドッグレディー」と呼ばれるようになりました。
現在はボランティアの力を借りて何百匹の犬を保護し、譲渡活動を続けています。
捨てられた犬や保護シェルターから犬を引き出して、犬に永遠の家族を見つけてあげることを理念としています。

一般の人には、ペットを大切にケアする必要性を教育しています。

「彼氏ができたから子犬はいらない」と放置した女の子のことが動画にまとめています。
こちらです。

犬も他の動物も人間と同じように生き物だと言うことには変わりないと思いました。もし動物の身になったらこう考えるだろうと思うと、捨てることはできないと思いました。

出典元:youtube