2016年11月19日に日本テレビ系音楽バラエティ番組「バズリズム」でのことです。
この日のゲストはTOKIO。

その番組のトークコーナーにて「アラフォー男の小さな怒り座談会」というものが展開されました。
TOKIOのメンバーが日ごろ感じている小さな怒りをカミングアウトしたのです。

TOKIOと言えばいまや知らない人がいないんじゃないだろうかというほどの国民的人気アイドルです。

そして彼らが出る番組を見ているとたとえどんな試練があっても辛抱強く対処する心の広さを感じていたりもしたのですが、そんなメンバーも色々なことでイライラすることがあったようです。

長瀬智也「カレーにレーズンはいらない」
松岡昌宏「テレビに出ている自分を見るとウザイ」
山口達也「通り過ぎただけで不快な顔をされること」
などなど……。

しかし他のメンバーの中で城島さんはそんなことがなさそうな気もしたのですが、彼にも当然あったのです。

城島 茂「若いADが用意するロケ弁に揚げ物が多いこと」

えっ、なるほど……。
些細なことなのかもしれないですが、朝昼夜とロケのお弁当が続くとしたら確かにさっぱりしたお弁当食べたいですよね。
ましてやTOKIOの番組はロケがほとんどと言っていいほど多いでしょうしね。

それを聞いていた国分太一さんは「結構、リーダーは食べ物に厳しかったりする」と追加しました。
他のメンバーもうなづいたそうです。

松岡さんの話ですと「30年近くこの人と一緒に僕らいますけど、あのとき一番怒鳴ったんじゃないですかね」




それは城島が新人のマネージャーさんにうどんのテイクアウトを頼んだときのことです。
そのマネージャーさんに再三うどんで頼みますとお願いした城島。
ところがマネージャーさんが持って帰ってきたのはそばだったのです。

余程うどんが食べたかったのでしょう。思わず城島は
「うどん言うたやろ!!」とマジギレしました。

そんなにうどんが食べたかったんですね。

ところがマネージャーさんも譲らず「そばと言っていた」とのこと。メンバーもそれを聞いてなかったのかリーダーがオーダーを間違えたのでは?と笑ったそうです。しかし本人はマジギレしていたそうです。

ところで収録中カレーにレーズンはいるかという議論になった時、結果的にレーズンはいらないという意見が多くなり、それに城島リーダーも賛成していたところ、その意見が大多数になってしまった途端リーダーは「でも、やっぱ…あった方がいいですね!」と急に意見を変更しました。

その理由は
「ここで、もしいらないってなると、レーズン農家さんが大打撃を受けてしまう…」

作っている人の気持を考えての発言になるほどとうなづくばかりです。
日ごろから収録でも農業をすることが多い彼は農家の人の事を考えたのです。

ところでうどん事件の後結局そばを食べる事になった城島さん、そのおそばの感想は「あ、そば美味しいなって、好きになりました。そば、大好き!」とそばにもはまるようになったとのことです。

番組の共演者に一番小さいと言われて笑いに包まれたそうですが、そのままのリーダーでいて欲しいです。

やっぱり色々なところに愛がある城島リーダーだと思いました。

出典元:buzzrhythm