新垣結衣さん主演のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は、視聴率の高さだけでなく、エンディングの恋ダンスも話題になりましたよね。Twitterでも、「逃げ恥」というハッシュタグつきのツイートをみる機会がとても多くありました。

そんな恋ダンスの「吉本新喜劇バージョン」が、話題になっています。
吉本新喜劇の座長である小籔千豊さんが企画を立て、演出までやっているというほど力の入った「恋ダンス新喜劇バージョン」。

所詮芸人さんの踊る恋ダンスと侮ってはいけません。話題になるほどの「恋ダンス」は一体どんなものだったのでしょうか。

主演の新垣結衣さん演じる「みくり」と同じ赤いニットを着て踊るのが、酒井藍さん。酒井藍さんの衣装、立ち位置から考えると、主演と考えてもいいかもしれませんね。

すごく楽しそうな笑顔が印象的ですよね。新喜劇バージョンの恋ダンス、とても期待できそうです。

最後は9人で踊る恋ダンスですが、そのダンスのキレ、ぴったりと息の合った動きがとてもクオリティが高いのです。
口で説明するよりも、実際に見てもらいましょう。




見ていただけましたか?みなさん、とてもいい動きをしていますよね。
恋ダンスのクオリティだけでなく、酒井藍さんはすごく愛嬌があってステキですし、回りを取り囲む皆さんもとても個性的で、見ていてとても楽しい動画に仕上がっていると思いませんか。

新喜劇バージョンの恋ダンスを見た方の反応からは、賞賛の声が聞こえてきます。

・レベル高い!さすがや
・本家より好きかも
・ガッキーに見えて…来たような気がする(笑)

企画演出した小籔千豊さんが参加していないことを惜しむ声もありました。「小籔さんのダンスがみたい!」という反応もあったので、次回があることに期待したいですね。

近年、芸能人の方は本当に器用でなければできないなと思うことは多くありますが、いつもお茶の間を楽しませてくれる吉本新喜劇のみなさんも、本当に素晴らしいダンスを披露してくださいました。
これからも、いろいろな挑戦をして、視聴者を笑顔にしてもらいたいなと思います。

出典元:youtube