日常でも、事務仕事の際などに、よく使われるホッチキス。

ホッチキスは、家庭でも学校でも、もちろん会社でも、よく使われる文房具。

ただ、打った針を紙から外す作業、面倒だと感じた経験は皆さんもお持ちではないでしょうか。

がっちり留められた針を外そうと思ったら、曲がってしまって取れなかったり、針がちぎれてしまったり…ちょっとイライラすることも。

ところが、今Twitterで話題になっているのですが、針のパッケージに書かれている言葉、ご覧になったことがあるでしょうか?

ホッチキス針のパッケージ、いつもストックしている方も多いと思います。

裏面をよく読んでみると…

「ホッチキス針は古紙の再生紙工程で支障ありません」

え?!そうだったの?!




なんと、紙のリサイクルの際に、ホッチキス針が付いていても、問題ないそうなんです。

少し大きめの針、11.5mm幅も同様です。

実は、ホッチキス針を製造販売するマックス株式会社公式サイトにも次のように書かれています。
Q 紙についたホッチキス針はリサイクルの障害になりますか?1本1本外すのは手間がかかるのですが…
A 紙につけたままでもリサイクルに出すことができます

古紙リサイクルの再生では、工程の中で様々な異物が取り除かれるようになっています。当然ホッチキスの針も異物として取り除かれるので、針が付いたままでもリサイクルできるのです。

この事実、「知らなかった!」という人も多いようです。

ホッチキスの針が付いたままでも支障がなければ、リサイクルに出す際に手間がかかりません。
知っていれば、紙を捨てる際、ちょっと気楽になりますね。

出典元:max-ltd