【これが100年前!?】モノクロ写真の大和撫子…意外とお茶目で大胆すぎるとネットで話題に!!※画像あり

27,777 views

学校で歴史の勉強をしていたころ、教科書の資料に当時撮影された写真が登場する年代になると、一気に現実感が増したというような記憶があります。

19世紀になって発明された写真は「見たままの一瞬を切り取る」という意味で、まさに「時代を映す鏡」そのものだったと言えるかもしれません。
特に人物の写真を見ると「毎日の生活はどんな感じだったのか」とか「どういうことを考えていたのだろう」といったように、身近なところでも
具体的な想像ができてグッと親近感も沸いてくるのではないでしょうか。

昔の日本人女性のことを思い描いたときに多くの人が第一に想像するのは、やはり「日本髪」「着物」といった外見ではないでしょうか。
この写真の女性はそれらに加えて扇子を手にしていますから、より「和」のイメージを印象深く私たちに与えるかもしれません。

こちらは鼓を打つ芸者さんだと思われますので、お座敷での一場面が想像されますね。
モノクロ写真ですが一部着色がされており、女性の表情と併せて独特の雰囲気を醸し出しているようにも思えます。

打って変わって、少しおどけた雰囲気の一枚です。
タイトルをつけるなら「三人娘で見ざる、聞かざる、言わざる」といった感じでしょうか。
それぞれの表情もリラックスしているようで、何だか現代の若者のスナップ写真にも通じるところがあるような気がしますよね。

こちらはあどけなさと色っぽさが同居しているところが魅力的な写真。
髪型は日本髪のようですが着物ではないちょっと大胆な衣装を身に着けていて、そのアンバランスさにもかえって惹きつけられるようです。

明治時代の政治家・外交官で駐米公使も務めた陸奥宗光の後妻、陸奥亮子さんです。
才色兼備の方でアメリカに渡ってからは「ワシントン社交界の華」「駐米日本公使館の華」と称されたほどだったということです。
洋装に身を包んだ美しくも凛々しい横顔から、そうした雰囲気が伝わってくるような一枚です。
やはり「見たまま」そのものを記録して保存できる写真からは、長い時間を経ても色々と伝わってくることが多いように思います。
日本女性の写真数枚だけでも、現代と全く異なるファッションが目立つ一方、当時の方のユーモラスさや大胆な一面も垣間見えたりして、
興味深い点をいくつも見つけられたのではないでしょうか。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑