手すりには、どんな役割があるか、考えたことがありますか?
普段、何気なく手すりを目にしている私たちはあまり意識することがないかもしれません。しかし、支えが必要な方などにとって手すりはとても大切な役割を担っているのです。

一見、何の問題もない普通の手すりに見えるこちらの手すりも、使う方によっては困る事があるのです。誰もが住みやすい日本であるためにもみんなで考えていきたいことです。

「身障者になって、階段の手すりについて思う事・・・屋内外を問わず、画像の様に階段と同じ長さで終わってしまう手すりも多いのですが、手すりが頼りの身にはこれが意外と辛いのです。最後の1段を上りきる・下りきる途中で手すりを掴む手が身体より後ろにきてしまうので、安定せず危ないのですよ・・・
せめてもう一歩分だけでも伸びているととても安心できるのですが・・・」




手すりがなくても当たり前に暮らせる私たちには、意識しなくては気づけないことがあるのです。

障害者向けに限定しているものと位置づけられるバリアフリーに対し、老若男女・障害や能力には関係なく誰にとっても使いやすさを持つものをユニバーサルデザインと呼ばれますが、導入には様々な課題も残ります。
どのようにすれば「誰にとっても使いやすいもの」を目指せるのか、私たち一人ひとりがしっかりと考えていかなくてはならないのだと思います。

出典元:twitter