普段何気なく使っている500円硬貨。でも偽造防止のために様々な仕掛けがされていることを知っていますか?

現在の500円硬貨は2000年8月にデザインが新しくなったものです。

手元に500円硬貨を用意して読み進めると更に楽しいかも!?

まず第一に、硬貨を斜めにして下から見るとと「0」の部分に「500円」という隠し文字が現れますよ!

でも、偽造防止の隠し策はこれだけではありませんでした!

肉眼ではほぼ確認できないほどの小さな仕掛けが…それがこちら。

この画像ではわかりませんよね?
更にある部分を拡大してみると?

「N」の文字が……!!
わかりましたか?

次は「I」の文字が。

わかりますか?
ちょっと見にくいかもしれませんが紛れもなく「I」が…

続いて「P」。

もうひとつ、他の箇所にも「P」。

続けて「O」。

最後は「N」の文字が、

これをつなげて読んでみてください。
そうです!『NIPPON』と彫られているんです。




拡大した画像ばかりなので、本当に500円硬貨かとちょっと疑ってしまいました。
でも、実際に手持ちの硬貨を確認したらあるにはありましたが、目を凝らしても、ギリギリ見えるか見えないかのレベル。『すごい!!!』の一言。

この仕掛けは、表面にも施されています。

『N』

『I』

『P』『P』

『O』

『N』

自分の500円硬貨で確認できましたか?

これは、造幣局のホームページでは公開されていないものの、硬貨マニアの間では知られた話なのだそうです。

こんなに細かい仕掛けが施された500円硬貨です。国際的な貨幣のコンペティション(コイン・オブ・ザ・イヤー)で、2002年の『最も革新的なコンセプトの貨幣』として表彰されてしまいました。

何気なく使っている500円硬貨にもこんな秘密が。
一部の愛好家のみぞ知る情報。でも、この知る人ぞ知る仕掛け、あなたは知っていましたか?ぜひ手元の500円硬貨を、目を凝らして、わからなければルーペを用意してよ〜く確認して見てくださいね!

友達に自慢したくなったでしょう?

出典元:imgur