【恐怖】もう娘を家族と思えない…吐き気をもよおす衝撃的なメールとは・・・??※トリハダ注意

34,032 views

彼女は小学5年生の娘が友人に送ったメールをふと見てしまいます。それは彼女の母親が亡くなった日に送ったものでした。そしてその内容に「吐き気がするほどの衝撃」を味わってしまいます。

ネットで抑えきれない感情を相談したA子さん。彼女は母親を亡くしたばかり。父親を早くに亡くし、母親は女一人でA子さんを育てました。遠く離れて暮らしており、がんで入院していましたが、急変し、亡くなってしまいました。

母を亡くし悲しみに暮れるある日、A子さんは小学5年生の娘の携帯をふと見てしまいます。するとそこには衝撃的なメールが…。

こちらが娘さんが送信したメールの内容(要約)です。

「(おばあちゃんのお葬式があって)宿泊学習行けなくてあーあ~。
なんでこんな時に死んじゃうのって思った~。
熊本(フェイク)行けたけど、今回はお葬式だから遊べるわけないし…
でもくまモン(フェイク)はゲットする☆」(要約)
また未送信メールにはこんな内容(要約)もありました。

「好きなアイドルの出てたテレビ見てたらいきなり消されて
お母さんはすごい泣いたり怒ったりだし…。
もう死ぬなら早く死んでって思った」(要約)
当時A子さんは精神的に不安定で、半狂乱のような状態だったと言います。娘さんがテレビを見ていた際も、音を聞きたくなく、強制的に娘さんをリビングから追い出し、録画もさせなかったそうです。
娘さんのメールを見たA子さんはこのように書いています。

「吐きそうになった。
ああこの子は自分のおばあちゃんより宿泊学習とかくまモン(フェイク)とかテレビなんだ…。
テレビ見たさにおばあちゃん早く死ねとか思うんだ…って。」

A子さんは娘が「死ぬなら早く死んで」と思っていたことに「吐きそうなほどの衝撃」を受けたそうです。

そしてA子さんはこう書きます。

「それから娘を家族として見れない。
娘も雰囲気を察して機嫌取りみたいな行動をして、そこがまた嫌で溝が生まれる。
葬儀の時は年相応に泣いたりしょげたりしてたのに、裏でこんなこと考えてたなんて…と。
この気持ちどうしたらいいんだろう。
もう娘と家族になれることはないのかな?
辛くてしょうがないけど、内容はないようだし、
娘の携帯は覗かないと表向きは約束してる(夫も携帯覗き断固拒否派)ので
リアルではだれにも相談できない。」

「死」に対してどのように感じるかは、人それぞれで違うことも確かです。
自分がこう思っているから、ほかの人も同じように感じているはずだと考えず、それぞれの立ち位置で互いを思いあってみることも大切なのではないでしょうか。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑