基地問題で揺れ続ける沖縄では、抗議活動やデモなどが繰り返されています。ただ聞いているだけだと、基地があることによって沖縄に住んでいる方がストレスを感じているのだなと感じる内容なのですが、実際はそれだけではないようです。
米軍基地があることによって、騒音や危険などがつき纏うのは事実でしょう。しかし、その反対運動の影にあるのは、沖縄県民の感情だけではないことが分かりました。
公安調査庁の報告書によると、「裏で糸を引いている」のはやはりあの国のよう。地元民はデモに参加していないなどという話は聞いたことがありましたが、公的にそれが証明されたと言えるでしょう。
では、その国の正体と目的は何なのでしょうか。

もうすでにNHKで報道されているために知っている人もいるでしょう。沖縄のデモ活動に、中国の影がちらついているということです。
前々から、地元で生活している人が抗議活動をしているわけではないという話は耳にすることがありましたが、その事実が現実味を帯びてきましたね。
日本から沖縄が独立するとは考えにくいですが、それが現実になると中国には旨味があるようで、デモ隊を裏から支援していたようです。中国の大学やシンタンクまで絡んでおり、非常に複雑です。その最終目的は、日本との間に亀裂を作り、政治をうまく運びたいということのようですが…。

沖縄のデモに関しては、大阪の機動隊員が「土人発言」をするという内容のニュースが話題になったことがありました。しかし、その発言に至るまでの経緯はあまり知られていません。

機動隊員をデモ隊が取り囲み、罵声を上げている様子が見て取れます。こんな状況にあえば、思わずキツい一言を放ってしまうのも仕方ないのかもしれません。




元々地元の人からは、デモ隊に関しては疑問の声が囁かれていました。「地元の人間ではないのに、抗議活動をしている」と。
また、デモ隊に参加すると日当が払われていたようですが、その資金がどこから出ているのかは全く分かっていなかったそう。もし、中国が国家でからんでいるならば、資金の流れも納得がいくのです。

デモ隊の抗議文章の中には、日本語ではなく、外国語を書いているものがあったということではありましたが、これを見ると納得してしまいますね。

こうなると、デモを支持して活動を支援していた野党の政治家は、沖縄のためというよりも、中国のために演説をしていたということになってしまいますが、その点はどう考えていらっしゃるんでしょうか。

野党の中でも錚々たる顔ぶれがそろっていますが、沖縄県民のためでなく、中国のために支援をしているということに心が痛まないのでしょうか。売国奴と揶揄されることもある政治家だけに、その心中が気になりますよね。

民進党の蓮舫議員が、二重国籍であるということが話題に上ったこともありますが、こういう事実が明るみに出ては、ますます支持率は下がるのではないでしょうか。

現状、東大生に問ったアンケートでも野党の支持率はかなり低くなっています。

特に民進党は人気取りのような政策を出すのはいいのですが、現実味がなく、どうやって予算を立てるのか、心配する声が一般からも聞こえるほど。それでは支持率を伸ばすのは難しいでしょう。批判しか取り柄のない政党というイメージが付きまとっています。
それに加えて、この現状は支持率低迷に拍車をかけてしまいそうですね。

また、米軍基地に対して反対の意を唱えている人の代表としてすぐ頭に浮かぶのは翁長知事。中国が裏で手を引いている事実を翁長知事がどう感じているかも気になるところです。

出典元:netgeek