文系・理系…あなたは自分がどっち系か自覚していますか??
文学系が得意な文系と、数学系に強い理系。

文系と自分を思っている私からすると、理系の人と言うだけで尊敬に値し、そしてまったく未知の脳を持っている人位の感覚でいて、勝手に天才は理系というイメージまであるのですが…
理系の人は、文系の問題もそれなりには解けるという事があるイーメージからなのかもしれません。

実際理系は文系をカバーできても、数学の質問に関しては、理系には理解できるけれども文系には理解が難しい…ということがあるようです。
そんな理系の人の頭の中ってどうなっているの?その謎にせまります…

この問題の解き方ってわかりますか?
文系の人、なんで「4」なのよって思いましたか?
文系の私にはある意味聞かれている意味すら分からない…笑

解答

正解は24で合ってるんです。
ただこの小学生の答えに注目!「4!」となっていますよね。

この「!」は数学でいうところの「階乗」の表記にあたります。この階乗とは、1からその数字までを掛け合わせた数になるので、この「4!」は「4x3x2x1」という意味合いになるのです。

なので、この小学生が答えた「4!」というのは、「24」と答えたことと同じだという引っ掛け問題でした。

他にも文系には理解できない?!ような数学問題を紹介します。あなたは、わかりますか?

これが解けたらIQ150以上と言われている問題です。文系の私にはまーーったく意味がわからない。

解答
答えは113

数字の間にある、+のマークは、『たす』だけでなく、『引く』役割もしています。 なので、6+4=210は、 まず6−4=2で百の位。 そして6+4=10で十の位と一の位。 それを順に並べると、210となります。 同様に、7+6も、 まず7−6=1で百の位。 そして7+6=13で十の位と一の位。 それを順に並べ113となります。
解答の説明を読んでも私には難しい。
どうもI.Qが150ないみたいです。(笑)

次はかけ算です。「?」の中をうめます。

解答
答えは16

計算方法は

11×11=121=1+2+1=4 12×12=144=1+4+4=9 13×13=169=1+6+9=16 となります。
これは説明を聞いてなんとなくわかりましたが…やっぱり数学?算数にがて…

少しクイズ感覚な、数字を使って計算式を完成させる問題。
シンプルなので比較的わかりやすいかも?!

解答
4+5=9
8-7=1
2×3=6

これは意味さえわかれば、優しい問題です。

青い部分に当てはまる数字を入れてください。
私はまったく歯がたちませんでした。

解答
「「外」たす「外」が「内」の数字になっています。次に、内側の和が「66」になりますので、「15+18+17+X+Y=66」となり、XとYの和が「16」であることがわかります。ですので、考えられる組み合わせは、「X=6」「Y=10」となり、答えは「10」となります。」

解答を見ても、理解できない私…
XとかYとかで拒絶反応がでてしまってるのか…なかなか難しいです。

やっぱり私にとっては理系さんは尊敬の対象。
理系の人が数字に強いのが理解できたような気もしますし、立ち向かうのはやめようと思いました。
数学のなぞなぞは頭の体操にもなるし、「違う視点から見る」ことが大切だそうです。
まずは数字の世界が面白いと思えるようになる事ならスタートしようと思うお話でした。

出典元:academic-box