【いのちをかけて】運命の出会いから、新しい命の出産へ。四つ子を授かった夫婦に出産直後信じられない出来事が!!

2,532 views

エリカ・モラリスさんは2015年1月15日にある投稿をFacebookにします。その内容は、「午後5時から帝王切開で四つ子を出産する!」ととても幸せな内容でした。
エリカさんとご主人のカルロスさんは2007年、運命的な出会いをします。なんと英語とスペイン語で会話がまったくできなかったにも関わらず、お互いに一目惚れだったそうです。
その後お互いの言語を勉強し合い、ふたりは結婚。幸せな生活をしていたのです。
しかし、出産直後、悲劇が起こってしまうのです。
幸せの絶頂にあった夫婦になにが起こったのか!?

実はエリカさんはは四つ子の妊娠前に一度流産を経験しています。
しかしその1年後、なんと四つ子を妊娠したのです。念願の子どもを授かったことにふたりは大喜びでした。

出産が近付くにつれてふたりはこどもの名前を考えはじめました。お腹の赤ちゃんは男の子がひとりと、女の子が3人とわかっていたからです。なにしろ4人ですから、出産後に考えたのでは大変ですからね。
男の子はカルロス・ジュニア、女の子はペイズリーとトレーシー、あとひとりは・・・顔を見てから決めようと言うことになったそうです。
そして、妊娠7ヶ月、かなりはやい段階でエリカさんは陣痛を起こしてしまい、そのまま出産することになりました。
カルロスさんは不安もありましたがもうすぐ4人のパパになれるという喜びのなか、エリカさんを手術室に送り出したそうです。

間もなく手術は終了し、エリカさんは麻酔から目を覚ましました。手を握っていたカルロスさんが何か異変を感じるとその瞬間、「ピーピー!」という音がモニターから鳴り始め、病室に医師や看護師が飛び込んできました。カルロスさんはわけがわからないまま、病室の外にだされてしまいます。
そして次にエリカさんに会ったとき、彼女はすでに帰らぬひとになっていたのです・・・

まさに天国から地獄に突き落とされたカルロスさん。
医者の説明も、まったく頭に入ってきません。

しかし、カルロスさんには4人の子どもがいるのです。エリカさんが命をかけて産んでくれた子供たちを、自分の命をかけて育てていこうとカルロスさんは決心したそうです。
そしてエリカさんにその自分の誓いを手紙に書いたということです。
そして名前に決まっていなかった、3人目の女の子の名前は”エリカ”にしたそうです。

カルロスさんの腕に4人すっぽりと入ってしまうほどの小さないのち。
この素晴らしいいのちと引き替えにカルロスさんは最愛のひとを失ってしまったわけですが、彼の笑顔をみていると前向きな表情にみえます。
これからも困難ことはたくさんあると思いますが、家族で乗り越えていって欲しいものです。
頑張れ!カルロスパパ!!

出典元:facebook

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑