皆さんはどんな年末年始を過ごしましたか。実家に帰省した人もいれば、家族や友達と旅行に行ったなんて言う人もいるかもしれませんね。それぞれ楽しい思い出を作った人、ちょっと嫌な思いをした人などいろいろいると思います。
今年は極寒に襲われた北海道では、いろいろと珍事も起こっているようです。本当に厳しい寒さだったと思いますが、その寒さがあってこそ、見られたものも多々あるようです。体験された方からすれば笑い事ではないと思いますが、見ていると思わず笑いがこみあげてくるものも…。
そんな北海道の珍事をまとめてみました。ぜひご覧ください。

お正月飾りを飾って、年末年始を過ごす家は今でも多いのではないでしょうか。年末にスーパーなどに行けば、しめ縄が大小さまざま陳列してある姿を見ることは珍しいことではありません。
門松は最近は見なくなりましたが、それでも飾っている家はありますよね。立派な門松を見ると、風情を感じることは間違いありません。
しかし…

北海道には竹がないかもしれませんが、クリスマスと融合させるのはやめてほしかったですね。最早、何を祝っているのか分からないといいますか、何とも絶妙な門松でした。

かなり冷え込んだ北海道では、道路に雪が降り積もったり、凍りついたりする状態が続いていたと思います。歩きづらく大変だったと思いますが…

まるで今にも滑れそうな状態まで、道路がしっかりと凍っています。イルミネーションの効果もあり、クリスマスムードはとても漂っていますが、車の運転が本当に怖くなるような光景ですね。

また、この極寒の北海道をユーモアで表したHBC北海道放送公式アカウントさん。暖かい地域に住んでいる身としては、同じ日本とは思えません。

雪が降り積もる北海道は、まるでいつもとは別世界だったことでしょう。しかし、その光景の中にも別世界のような「何か」がいたら、つい写真撮ってしまいますよね。

確かに寒さはしのげそうですが、本当に目立ちますね。スターウォーズのファンの方は楽しめそうですが、雪に覆われた駅前で目撃してしまったら、本当にびっくりしてしまいそうです。

同じ札幌では、更なる珍事がありました。暖かい地域に住んでいる身としては、こんな光景は見れないと思います。

近くに行かないとイルミネーションが見えないというか、イルミネーションがただ置いてあるような光景。光の道というのが妥当でしょうか。
雪に埋まってしまうとこんなふうになってしまうんだなと思うのと同時に、イルミネーションは雰囲気が大切だなあとしみじみ考えてしまう写真でした。

最後の珍事を紹介する前にこちらをご覧ください。

除雪しようと試みたのはいいものの、こういう状態ではやる気をなくしてしまいますよね。雪がほとんど積もることのない地域に住んでいるため、こういう光景を見たことはありませんが、雪の多い地域に住んでいる人は、こんな状態でも除雪をしているのですね。
本当に大変だと思います。毎年の除雪お疲れさまです。

これほどまで深く雪が積もった北海道ではこんなこともあったようです。

雪にくっきりとついたドアの形。もう固まっているんでしょうね。これでは外に出たくても、出ることはできないでしょう。見ているだけで寒そうなこの状況…。北海道の寒さがどれほどすごかったのか、どれだけ雪が降っていたのか、改めて考えさせられますね。

暖かい地域に住んでいると、雪の多い地域に住んでみたいという憧れを抱く人は多いと思います。しかし、雪が多い地域には多い地域の悩みがありますよね。
見ていると思わずくすっとなってしまいますが、北海道の皆さんは雪に悩まされる年末年始だったと思います。見ているだけでもぶるっと震えてしまいそうな写真の数々…本当に皆さま、お疲れさまでした。

出典元:twitter