保険証といえば、病院の窓口で見せたり、本人確認の証明として各機関へ提示したりすることがありますよね。そのときにこのことを意識している方はどのくらいいるでしょうか。その保険証の中の番号を見ればその人のランクがわかってしまうというのです。

まずはお手元に保険証をご準備ください。
画像の赤で囲われている部分の2桁の数字を見るだけであることがわかってしまうそうです。この例で言うと01は「中小企業所属」という意味となるようです。
では、それ以外の番号はどのような意味があるのでしょうか。そして何種類に分かれているのか、気になりますよね。

保険証は手元に用意できましたか?
ではご自身の番号を下の一覧でご確認ください。




01⇨中小企業
02⇨船乗り
03⇨日雇い特例一般
04⇨日雇い特例特別
06⇨それなり以上の企業
07⇨自衛隊本人
31⇨国家公務員
32⇨地方公務員
33⇨警察
34⇨学校

単に企業勤務というだけでなく、「中小企業」ということまでわかってしまうって、なんか複雑ですね。それなり以上の企業って何なんですかね。公務員も、国家公務員か地方公務員かって、保険証の中の情報として分ける必要があるのでしょうか?
まあ、保険証には通常会社名が書いてあるのでどっちでもいいことかもしれませんが、詐欺や犯罪に巻き込まれないよう、必要以上に提示するのは避けるようにしたほうがいいかもしれませんね。

出典元:academic-box