【感想】2016年のNHK紅白歌合戦は紅組勝利というの結果に→しかし判定の仕方は視聴者を馬鹿にしすぎと批判殺到wwwその理由を徹底解明wwwww

8,536 views

年末の国民的歌番組である「NHK紅白歌合戦」、皆さんも見ましたか?
最近は裏番組も力を入れていて、そちらに走る人もいますが、やはり紅白歌合戦は大晦日にはなくてはならないもの!

その証拠に毎年出演者が大注目される、まさに国民的番組です。

ところが今年の紅白歌合戦に大批判が!
それは、紅組が優勝したことについて・・・・

一体どういうことなのでしょうか?

紅白歌合戦の勝敗は、最後にある視聴者や会場、それに審査員による投票で決まります。
今年の優勝は、紅組だったのですが・・・
それになぜか視聴者が激怒しネット上で様々な疑問や意見が!

いったい何が原因だったのでしょうか?

実は投票の内訳に納得がいかないという視聴者が大勢いたのです。

投票結果の内訳は、

視聴者    白420万 紅 250万
会場      白1208 紅 860
審査員    白3   紅 8

みなさんはこの内訳をみてどちらが優勝と思いますか?

なんと、視聴者、会場の両方で圧倒的な票を獲得したのは白組!
これに対して審査員の評価が高かったのは紅組、それもかなりの差をつけて!?
この結果で紅組が優勝となったので、投票した視聴者が激怒したり疑問を持ったのも当然ですよね!

では何故この結果で紅組優勝となったのでしょうか?
そのからくりは?

実は、投票した票はそのまま得点になるわけではなく、比率が影響していました。
その比率とは・・

ゲスト審査員は10票、ふるさと審査員は全員で1票と審査員だけで計11票ある。他に視聴者投票が2票、会場の観客2票と、合計15票を紅白で争う形。紅組の9票の内訳は審査員の9票だった。白組は審査員の2票と視聴者投票の2票、会場の観客の2票を獲得していたという。

なるほど、視聴者と会場の投票はたったの2票ずつなんだ・・・

それに対しネット民の反応は?

・これは意味わからん
・審査員がアンチ嵐だったのかw
・いくら視聴者と会場で勝利しても
審査員票で3票差をつけられると負けるというシステムなんですね

視聴者が投票をいくら頑張っても、審査員の票の重さと比べると圧倒的に低いんですね。
ひどいな〜

これでは投票しても審査員の胸三寸と、投票する人が減ってしまうのではないでしょうか。

さらに審査員の大差の原因に対してはこんな意見も・・・

・各組の司会者も審査対象だったからじゃね

・相葉ひどかったな
あいつにこんな大舞台は仕切れんわな
・あいつ他の番組で紅白司会に選ばれたことに
何の不安も見せずえらい浮かれてたんだが
楽な仕事だとでも思ってたのかね

司会者が良くなかったから負けたのだという声も・・

実際の司会はどんな感じだったのでしょうか?

擁護はしているものの、司会そのものに対する評価は高くないコメントが多く見受けられました。

やっぱり司会者の是非が勝敗に大きく結びつくんでしょうかね?

もともと、視聴者、会場の投票の比率がとても低いので当たり前の結果なのですが、
これほど世間の見方と優勝する組が違うと、来年から視聴者投票率が大幅に減ってしまう気がします。

何でこれまでの紅白の結果で2016年ほど不満がなかったかと考えると、視聴者と会場の結果に大差がなかったのかもしれません。
今年のように、特に票数の大きい視聴者の大きな差を無視した結果が出ると、判定の方法も見直すことは必要になってくるのでは?

いずれにしても、司会はどちらが上手、下手という意見もたくさん出ていましたが、あんな大舞台で、おまけに普段のお仕事もこなしながらの忙しい中での準備はどちらも大変だったはず。

今年からは暖かい目で司会者を見てあげたいものです。
また、そんな一生懸命の司会者や出演者のためにも、視聴者は是非投票をしてあげてください。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑