寒くなって風邪の流行する季節になってきました。空気も乾燥していていつ風邪を引くか誰にもわかりません。

「ううっ頭が痛い...」「おなかの調子が悪いな~」などちょっと体調が悪いけど病院に行くほどでもないときに便利なのが薬局で売っている市販薬です。病院でもらう薬よりも割高になってしまいますが手間を考えると「まっ、しょうがない」という感じでしょうか?

その市販薬に関して知ってほしい新しい税法が2017年1月1日にスタートしました。

新税法の名前は『セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)』と言います。

薬局で販売されている風邪薬や頭痛薬、胃薬など一般用(OTC)医薬品のうち1555品目について購入額に応じて税負担を画する制度です。

2017年1月1日よりスタートしています。

対象者は以下の通りです。
1. 所得税、住民税を収めている人
2. 自分と扶養家族を合わせて、対象のOTC医薬品の年間購入額が1万2000円を超えている場合
3. 特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診を受け入ている人

3に関しては「健康の保持増進及び疾病の予防への取組」を行っていることが条件です。例えば、インフルエンザの予防接種を受けているとか会社の健康診断を行っているなどです。予防接種の領収書等の提出や健康診断の結果のコピーの提出が求められます。

確定申告をする必要があります。

今回の制度は2017年(平成29年)分の確定申告(平成30年2月~提出分)から適用されます。

ただし、従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制を同時に利用することはできませんので、両方検討して自分に得な方を選んでください。

ちなみに、国税庁ホームページ「確定申告等作成コーナー」などを利用すればご自宅でも申告書を作成することができます。

下の画像に注目してください。
対象となる医薬品には下記のマークがパッケージに表記されています。

具体的には「パブロンSゴールドW微粒」「ガスター10」などが当てはまります。もしわからなければ薬剤師さんや薬局で確認してください。

対象品目を厚生省のホームページで確認することもできます。

では具体的に計算してみましょう。

例えば所得税率が10%で年間購入額が5万円の場合です。

50000円-12000円=38000円(年間購入額が12000円を超えた額が対象になります)
38000円×所得税率10%=3800円

さらに、翌年度の住民税(地方税)分として
38000円×個人住民税率10%=3800円

合計7600円戻ってきます。

注意点ですが対象額の上限は88000円です。

ではみなさん、薬局で薬を買った時にはこまめにレシートを保管しましょう。
多くの人がまだこの新税法について知りません、ぜひ他の人にも教えてあげましょう。
こまめの努力で大きな節約をすることができるかもしれません。

出典元:mhlw