最近の子どもの名前を見たときに、これは何と読むんだろうと考えてしまうような漢字を目にする機会が増えてきました。キラキラネームと言われ、まるで外国人のような響きを持たせたものが多いですよね。
外国で使われる名前と響きが同じでも、響きのイメージから、本来の男性に使われるべき名前が、女性に使われることもあると言います。外国の方からすると、紛らわしいかもしれませんね。
今や一般的となっているキラキラネームですが、敢えてつけないという人もいるのだそうです。周囲からはあまり評判がよくなかったそうですが、その理由とは一体どんなものだったのでしょうか。

まずはキラキラネームについて、お話していきましょう。かつてはDQNネームとも呼ばれていましたが、今ではキラキラネームという呼び方の方が一般的なようです。
キラキラネームと言われるようになった理由としては、DQNの連想からという説や赤ちゃんの命名支援サイト「キラキラname」から取られたというものまでいろいろありますが、DQNネームよりは一般になじみやすかったのかもしれませんね。
DQNネームと言えば、かつてはあり得ない名前、つけない方がいい名前と言う認識が強かったのですが、時代は変わるものです。

ある夫婦が、生まれてきた子供に普通の名前を付けたそうです。周囲からは、「ダサい」とか「地味」などと言われ、かなり評判が悪かったようです。キラキラネームがはやっていることはわかってはいたけど、それをわざと避けたようです。

この夫婦は若かったというのもありますが、元ヤンだったそう。そういう境遇にいる人なら、なおさらキラキラネームを付けそうですが、そうしなかった理由がこちら。




「だって、変な名前つけて子供に報復されたらいやじゃん? ウチら夫婦の子供だから、手とか出されたりしたらいやだし。」
「それに、子供にこうなってほしいって付けたから。音は古いけど、そんな犬みたいな名前をつけたオマエラよりは絶対子供に感謝される自信がある。〇〇(私)を笑うのは違うよなー。将来考えてるよ。」

報復という言葉の端から、元ヤンだったことを窺い知ることはできますが、その考えにはしっかりした意思があるようです。子どもの世界のいじめというのは、小さなことから始まりますし、キラキラネームをからかわれることによって傷つくこともあります。
それでも親が願いを込めてつけた名前なら、子供は嬉しいと思うのです。

最近は響きばかりを気にして、意味のない名前も増えていると言います。響きがかわいい名前、かっこいい名前というだけでなく、ゲームなどのメディアに影響を受けた変な名前をつける親がいるそうです。

男の子の名前
是留舵(ぜるだ)
弟吾琉(である)
歩木鈴(ぽこりん)
甲子園(こうしえん)
在波(あるは)
飛悟(ひゅーご)

女の子の名前
月姫(らめ)
音音(のんのん)
碧(あくあまりん)
闘女(きゅあ)
良妃(らびん)
愛舞(いぶ)

読めない名前やむりやり当てたと思われる名前が多々ありますが、これを本当につけていると思うと本当に辛いですよね。親の趣味を投影するのは構わないと思いますが、それには限度があるのではないでしょうか。
キラキラネームを付けるにしても、最低限誰でも読めて、漢字にしてもむりのないものをつけてあげることが大切ではないでしょうか。
私自身、苗字の読み方が変わっているので、ほとんど読んでもらえたことがなく、新しい先生が呼び間違えるたびにクラスで笑われていました。苗字は変えようがないですが、名前は付けるときに工夫ができるもの。せめて、人から読めるもの、笑われないものをつけてあげてほしいと思います。

出典元:academic-box