【必見】車のフロントガラスが凍った時の対処法知ってますか??→驚きの方法をご覧ください・・・

23,487 views

冬の時期は、布団の中から出るのがつらくありませんか。やっと重い腰を上げて布団から出た際には、すでに出勤前ぎりぎりの時間!なんてこともしばしばあったり・・・。慌てながら身支度を済ませて、いざ出勤しようってなった時に有りうるこういった現象・・・。そう!通勤で使用している車のフロントガラスがあまりの寒さのせいで、凍ってしまっているのです。
もちろん対処しなくては、出発不可能なのですが、今からお湯を沸かしている時間もなければ、スクレイパーで逐一氷をこそぎ落とす時間さえもありません。
一体この状況をどのように脱出すればいいのやらと途方に暮れてしまうときはありませんか。そのような時は、この方法で解決しましょう!身近にある2つの液体を混合させることで出来上がる”ある液体”を使用します。
作り方は簡単!
用意するものは、2つです。それは、消毒用アルコールと水の二つになります。作り方は、消毒用アルコールと水を2:1の割合で混ぜ合わせてから、スプレーボトルにいれるだけです。簡単ではありませんか??

この液体を、凍ったフロントガラスに吹き付けると、あら!不思議!!!頑固な氷が解けていきます。

この裏技は、気象学者であるケン・ウェザート氏によって紹介されました。この方法で、なぜ氷が急にとけ始めるかというと、水は0度で凍るが、消毒アルコールは、約-89度まで凍らないという事からだそうです。
市販の解氷スプレーの成分を見てみると、主成分はエチルアルコールであることから全く同じ原理を利用していることが分かります。
しかし、この裏技には注意点が一つあります。この主成分であるアルコールによって塗装面やワイパーのゴムを痛める恐れが出てきます。なので、ガラス部分以外へは吹きかけないように注意しましょう。もし、他の部分に吹きかけてしまった際には、すぐに布等で拭うようにしましょう。このスプレーを作って備えておけば、寒い冬も怖いもの知らず!ぜひ、ご家庭に一つ、万が一のために用意しておいてもいいですよね。

出典元:youtube

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑