生活をしていると、いつどんな時にアクシデントに巻き込まれるか全く予想できませんよね? もし今日は元気でも、もしかしたら明日事故に合うかもしれません。

交通事故にあってしまった男性

ある日の深夜3時ごろ、高速道路で事故が起き、被害者の男性は、下半身を切断されるという重体に巻き込まれてしまいました。

彼に残された時間は「あと5分。」その彼が最後に望んだこととは・・・?

事故現場に救助に向かった救急隊員が見たのは、なんと車に挟まれて下半身を切断された男性の姿。見るからにもう助からない状態でしたが、切断面が車に圧迫されていたため出血が少なく、まだ男性の意識がありました。

意識がある内に男性は救急隊員に、「僕、あとどれくらい持ちますか?」と質問しました。

救急隊員は正直に伝えました。

「あと5分くらいです。」

そして、彼に何か望みはないかと尋ねると男性は・・・彼最期の望みは「家族と話したい。」ということでした。

幸い、男性の携帯電話は通話可能な状態だったので、救急隊員は男性の家に電話をかけました。




深夜3時の電話、何度電話しても家族は電話に出ません。既に就寝しているのが当たり前の時間帯です。

すると重体の男性が・・・

男性は「もういいです。ありがとう。」と救急隊員に言い残して、息を引き取ってしまいました。

男性が亡くなってしまってから、数分経って携帯電話が鳴り響きました。

家族からの電話

その着信は、男性が最期に話したいと望んだ家族からでした。既に男性は亡くなってしまっています。

救急隊員が取った行動は・・・

救急隊員は男性が事故にあって亡くなったことを家族に告げました。

そして、「即死でした。」と。

私がもし事故にあった男の人だったら同じ事を隊員に告げていたと思います。家族、そして友達と話したいと。そして隊員がとった行動もすごいと思います。多分電話に間に合わなかったと言うと家族が自分達を責めると思ったんじゃないでしょうか?私はそんな気がします。
いつ何が起こるか分かりません。なので常日頃から心の準備をしておいた方が良いかもしれません。

出典元:academic-box