ぽたつん(@Potatsun_643)さんが「数学序論より難しい」という文章と共に、投稿した1枚の写真。

数式自体は、大人にとっては簡単なものですね。

13-9=4

数式はたったこれだけなのですが、続く説明が、大人たちが頭を抱えているのです。

(小学校)1年生の「くりさがりのあるひきざん」の授業で、次のように説明した児童がいます。
児童がどう考えたか、説明しましょう。

13から3ひいて10になったほうから2ひいて5。
そして5になったほうから4ひく。
こたえは4

???

一度読んだだけでは、何を言っているか分かりませんよね?

やはり多くの人が困惑したようで…
大人の頭ではかなり難解のようです。

また、ヒントになるようなコメントも寄せられています。
この考え方を頭に入れて考えるとなんとなく理解できるかもしれません。

小学1年生の算数なので、頭で計算するというよりは指を使って数えるというイメージで読み返してみてください。

あと、次の3つも前提として考えてください。

・繰り下がりの引き算はできない
・繰り上げでない足し算はできる
・途中の説明が十分とは限らない

いかがでしょうか?

考え方を聞いて「なるほど!」と頷けましたか?

このツイートには多くのコメントと、「これが正解では?」といった解答が寄せられました。

中でも、最も分かりやすかった説明を参考に解説していきます。

前提にあったように、小1の児童は繰り下がりの引き算ができません。なので、両手の指を使って、繰り下がりの引き算を行っています。

【説明文】

1.「13-9」を「13」と「9」に分けて考える
2.13から3を引く=10
※この時点で、あと6引かなければならない

3.「10=5+5」と考える
※5であれば片手の指で数えられるため

4.まずは「5-2」で「3」
※この時点で、あと4引かなければならない

5.もう一方の手で「5-4」を行い、「1」
6.最後に両手に残った「3」と「1」を足して「4」

わかりましたか?

もう少し詳しく説明すると誰もが「なるほど!」と頷けることと思います。

1.で「13」と「9」に分けるとありますが、「13」を左手、「9」を右手とするのです。
2.では繰り下がりの計算ができないので、「3」を引いています。
このとき右手の5本の指から3本引くと2本残ります。
4.で右手の残りの2本を左手の5本から引いて「3」を求めます。
右手の「9」から「3」と「2」を引いたので残りは「4」、これを左手で残りの「5」を作り、そこから引くと「1」が残ります。
左手で作った「3」と「1」を足して「4」になるという訳です。

どうですか?

ちなみに、この計算方法は「さくらんぼ計算」と呼ばれて、計算を始めたばかりの低学年に対して、計算の考え方を身につける意味で、多くの小学校で取り入れられているようです。

繰り下がり、繰り上がりの計算ができるようになった大人にとっては、少々「まどろっこしい」と感じてしまうかもしれませんが、小さいころに計算が苦手だったあなたも、こんな説明をされていれば、計算嫌いにならなかったかもしれませんね!

出典元:twitter