仲がよさそうなこの二人。兄弟?それともお友達?
いえいえ実は夫婦なんです!

中国から届いたこの衝撃のニュース、子ども同士が結婚!?と思いきや、実は二人とも28歳の立派な大人同士!
一体どういうことなのでしょうか?

どうみても子どもにしか見えない二人。
その理由は、「小人症(こびとしょう)」という病気でした。
この病名、聞いたことがありますか?
一体どんな病気なのでしょうか?

小人症というのは、成長ホルモンの分泌不全が原因で起こる病気で、低身長が主な疾患です。
さらに、重大な疾患を合併している場合もあり、治療が必要な低身長として扱われています。

最近では、遺伝子以上の遺伝性が原因とする考えもあります。

実は、世界的にも有名なサッカー選手であるメッシさんも10歳の頃低身長だと診断され、ホルモン投与などの治療を受けていたことが知られています。
サッカー選手としてはとても身長が低く、169cmなのですが、それもホルモン治療の結果、ここまで伸びたのです。

先に紹介した二人と、メッシの低身長との違いは何なのでしょうか?
どちらも低身長という定義には当てはまるのですが、治療を必要としたり、本人が希望する場合に初めて「小人症」という名前がつくのです。
メッシは現在治療しておらず、治療も必要ないので小人症とは呼びません。

治療が必要な病気ということで、小人症は、寿命に影響があるのでしょうか?
合併症などを併発した場合を除き、小人症だからと言って短命ということはないと言われています。
さらに、小人症の家系では糖尿病とガンの発生率がとても低いことが知られています。




かつてナチスドイツによって強制収容所に入れられたユダヤ人の中に、「アウシュヴィッツの7人の小人たち」として知られる一家がいました。彼らはオーヴィッツ一家の10人兄弟のうち7人の小人症と言われる人たちでした。
そして、ほとんどがガス室で命を落とす中、アウシュビッツ強制収容を生き延びたとして有名になりました。

アウシュビッツ収容所では、様々な病気を持っている人たちも容赦なく、ガス室に送られて殺されることがほとんどでした。小人症についても同様でした。それでもオーヴィッツ一家が殺されなかったのは、遺伝的に小人症で、一家の中に小人症の人と健常者の両方がいるということに収容所の研究者が興味を持ったからでした。

「小人症」の主な原因はホルモン分泌不足だと言われていますが、まだまだ謎が多い病気だと言われていて、更に、一般的な認知度も高くありません。
結婚したこの二人も、子どものような見た目のせいで差別を受けることもあったことでしょう。

結婚した二人はすでに28歳!堂々と結婚できる歳ですが、見た目が子どもなので誤解されることもあるのだそう。ませているとか、子供のくせに生意気な、とかいろいろ・・・

この病気もそうですが、他にも見た目ではわからない病気もあって、不当な差別を受けたりしている方がいるかもしれないということを、みなさんもこれを見て認識していただければ幸いです。

出典元:academic-box