耳掃除って気持ちがいいですよね。

ちょっと前には、耳掃除動画や女の子が男性のお客さんに耳掃除をしてあげるサービスを提供する『耳かきサロン』と言うお店が流行ったりしました。

そんな耳掃除なんですが、気持ちがいいからと言ってやり過ぎちゃっていませんか?

耳掃除のやり過ぎは結構危険で注意が必要なのです。
これについて米医学界や耳鼻科医が何度も警鐘を鳴らしているほどです。

耳掃除がなぜ危険なのか、その理由はズバリ「耳掃除をすることにより、耳垢を奥へ押し込んでしまう可能性が大なんだそうです。

耳の中を綺麗にするために掃除しているのに、知らないうちに耳垢を奥に押し込んでしまっていたなんて!

頻繁に耳掃除をすると、耳垢が耳の奥に押し込まれるという事が続くと本来、耳垢は自然に排出されるようになっているんです。




自然に外に出ようとしている耳垢がどんどん奥に押し込まれることによって、外耳炎や難聴の原因になってしまうそうです。

(耳掃除のやり過ぎで耳の穴が詰まる症状の事を医学用語では、「耳垢栓塞」と言います。

耳垢栓塞になってしまうと、外耳炎や難聴の他にも、
・ネトネトとした臭い耳垢が出てくる

・耳から臭い液体が出てくる

・耳の中が痛い・かゆい

などの症状があらわれるそうです。

これは、余談になりますが、私は小さい頃から中耳炎を何回も繰り返していました。元々両耳難聴です。中耳炎になると本当に痛くてたまりません。特に夜中になってしまっては、寝れるもんではありません。鈍い痛みが、ジーン、ジーンと段々痛くなってきます。
なので耳掃除は控えて耳を健康に保って欲しいです。

出典元:academic-box