【警告】危険な中国製食品の中でも特に食べちゃいけないのがコレだ!!※画像あり

38,741 views

2007年に発生し、日本中を恐怖に陥れた「毒入り冷凍餃子事件』、中国から輸入された冷凍餃子を食べた、いくつかの家族が食中毒の症状を訴え入院し、後の検査で餃子からメタミドホスが原因だと分かりました。

先ほどの毒入り餃子事件では捜査が難航したものの、毒を混入させたとして2010年に中国人の男の身柄を拘束しました。この事件をきっかけに、特に中国産の食品に関する安全性への関心は高まりました。今回は、中国で問題となった安全性に問題があるといわれる食品についてご紹介します。

メラミン入り粉ミルク

2008年に問題が表面化したのが「メラミン入り粉ミルク」メラミンを添加することで含有たんぱく質量をごまかした粉ミルクを飲んだ赤ちゃんのうち、6人が死亡、およそ30万人が健康被害を受けました。

毒入りもやし

もやしは傷みやすい食品です。傷むと見た目が悪くなるのを避けるために、漂白剤を使用することがあります。また、育てる際にホルモン剤を添加し、成長を促進させることもあるそうですが、これらの薬剤をもやしと一緒に摂取すると、ガンや奇形児のリスクが高くなってしまうそうです。が〜ん!条例などで使用が制限されている場合もあるそうですが、多くの生産者が使っているといわれています

殺虫剤入り冷凍インゲン豆

日本の大手冷凍食品会社が販売していた冷凍インゲン豆から、日本の基準値のおよそ35000倍にも及ぶ「ジクロルボス」という化学物質が検出されました。実際に食べた人は、味見をした際に舌の痺れを感じ、飲み込みはしなかったものの入院することになったそうです。恐ろしいですね。

革牛乳

革牛乳とは、たんぱく質の含有量を高めるために、革の捨てる部分や動物の毛、臓器を粉末にしたものを混ぜた牛乳や粉ミルクのことです。加工された皮には発がん性のある六価クロムが含まれることがあり、長期間に渡って撮り続けるとガンや重金属中毒を起こす恐れがあるそうです

どれもこれも、中国の食品は極めて危ないと思っています。どうか、これから偽造が減りますように。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑