インターネットがとても発達してきた現代。
次々とテレビ局の不正であるヤラセというものが増えてきていることにお気づきですか?
いいシーンの時や、テレビ局が望むコメントなどを受け取りたい時などにテレビ局のスタッフさんたちはエキストラを仕込むなどを繰り返して来ました。
もちろん放送倫理に反するこれらの行為は許されることではありません。
ですが、このくらいならバレないだろうと思っていた事が間違いでしょう。
インターネットの力で最近は次々とヤラセが発覚してきました。
そんなテレビ局は一体どのようなヤラセを繰り返してきたのでしょうか?


暑さを紹介しているシーンで、NHKに映りこんだこの女性。
かなり不自然な仕草で汗を拭き取っていることがとても印象に残ります。

実はこの女性は2013年にも同じように映りこんであるのですが、何故かカメラ目線を何度もしてしまうようです。
そんなに見られたいのでしょうか?

街頭インタビューに応じている男性。様々な番組に次々と出演しているので、ネットではほんの少し有名人のようです。

登場する度に押尾学さんのファンや酒井法子さんのファンなどになっています。
一体本当は誰のファンなんでしょうか?




こちらは約2時間で就職活動から会社員に早変わりした女性です。
就活生からしたら羨ましいほどの転身ですね。

こちらは裁判員候補者へのインタビューです。
胸のポケットに入っている日テレのロゴがついたメモ帳を入れているあたりなにか怪しいですよね。

この絶対に先頭に並びたい男性はネットでも有名な「乗るしかないこのビックウェーブに」という名言を残していますが彼もテレビ局が先頭に並ばせたヤラセだという話があります。

同じ人がいろんなニュースに出ていると聞くとなにか事件を起こしてしまったのか?と思いますが実はそうではありません。
NEWS23

Nスタ

NHKニュース7

インタビューする人を派遣するエキストラ事務所でもあるのでしょうか?

今回ご紹介したやらせの実態はいかがでしたでしょうか?
ニュース以外にもバラエティ番組でもかなり多くのヤラセがあるようです。
騙されないように生きていきたいですね。

出典元:netgeek