SNSであり得ない内容の写真をアップし世界中から批判されている父親が登場!

写真の内容は、我が子を電子レンジに入れて実際に調理しているかのように演出したもの。

本人たちはギャグのつもりなんでしょうか?
全然面白くないですよね。

・これが本当だったら一体どうなってしまうのか?

・笑えない調理されてる風の赤ちゃん写真集

をご紹介します。
本当にやったら終身刑

実際に、生後2ケ月の我が子を電子レンジに入れて加熱するという残酷な虐待を行った母親がいます。

赤ちゃんは命をとりとめたものの、全身の60パーセントを火傷、放射線火傷が内臓に達する重症に。

2分半~5分、電子レンジで加熱されていたと見られています。

なんて恐ろしい・・・

赤ちゃんが生きていてくれて良かった!

これが何よりの救いです。

子の母親は、てんかん発作を患っていて、「自分の中にもう一人の自分がいる」と供述。

てんかん発作という理由はあれど、残虐きわまりない行為に対し、第1級殺人罪で終身刑が言い渡されました。

「いや、これはジョークなんだ♪」

いやいやいや・・・




実際に起こった虐待事件の判例からも分かるように、電子レンジに我が子を入れるという行為は我が子の頭に拳銃を向けるよりも恐ろしい事だと思います。

赤ちゃんバーベキュー

我が子をバーベキューコンロに乗せてパシリ!

「本当に焼く」という考えが一切ないからこそ出来るジョーク写真とは思いますが・・・

「パパ!辞めて!」

って言ってるよ。

泣いてるよ。

悲しそうな表情で泣きじゃくっています。

赤ちゃんバーガー

こんなに手が込んでいるのに、全然面白くありませんね。
むしろ批判の嵐です。

猫鍋。

なぜでしょう。
これは可愛らしいですね。

赤ちゃんを電子レンジに入れて撮影しSNSに載せるなどの行為を行った父親。

「間違ってスイッチを押してしまったらどうなるのか?」

「実際にこの方法で虐待された子がいる」

という事を想像できない人達だったのではないかと思われます。

私は、いくらジョークだとしても、笑えないと思います。こんな馬鹿げたジョークは辞めといた方が身の為だと思います。

出典元:academic-box