電車への危険な駆け込み乗車を防ぐ効果的な方法はあるのでしょうか?ユニークなアイデアの数々を紹介します。

なんと階段を降りた先の床が陥没!!急いで駆け降りてきた人はこの光景を目にした途端、足がすくんでしまい、駆け込み乗車どころではありません。

これはテレビ番組で企画されたトリックアートによる駆け込み防止対策。コストをかけずに駆け込みを防ぐ画期的なアイデアと思われましたが・・・

この斬新なアイデアは、鉄道会社の協力が得られず、あえなくボツに。インパクトが強すぎて、階段での転倒事故や乗客の混乱、渋滞などを招いてしまう恐れがあると判断されました。

そのほかにも駆け込み乗車防止のアイデアがあります。

発車合図のメロディーを短縮。シンプルなアイデアではありますが、実際に試験的に行われました。

人呼んで「殺人扉」!これは強烈です。挟まれたら即、病院送り!この電車に乗るには決死の覚悟が必要です。

駆け込み防止にハードルを設置!?確かに効果はありそうですが、明らかにデメリットの方が多いでしょう。

用心棒のような見張り役を配置する案。各扉に配置すると人件費がすごそうです。

もし、他にもこのようなものを見つけた人がいましたら、ぜひ教えていただければと思っております。

出典元:netgeek