DeNAが運営するWELQを始め、キュレーションサイトの問題で検索上位に表示をさせていたとして指摘されていたGoogleから、ウェブマスター向け公式ブログにアップデートのお知らせがあったようです。

2月3日、Googleウェブマスター向け公式ブログで、“今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。”から始まるお知らせがありました。
「WELQ」や「キュレーションサイト」などについては触れてはいませんが、このお知らせから読み取れるポイントをまとめてみるとどうなるでしょうか。

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html




今回Googleが発表したアップデートのお知らせからどのようなことを読み取ることができるでしょうか。

今回のアップデートは日本語検索のみが多少となるが、今までのようにどれほど文章の質が低くてもボリュームさえあれば上位を取れるということはなくなり、低品質サイトの検索順位は下がり、有用なオリジナルコンテンツが評価される。
そして、今回のアップデートだけで完璧とは言えず、今後も改良を重ねていくということが読み取れますね。

リライトを見抜くアルゴリズムの強化や、キュレーションサイトや滞在時間の短いサイトの評価を低くした。
また、コンテンツ量重視の評価から被リンク重視にし、悪評が多いサイトを判定する等、複数の組み合わせによる改善方法を取ったようです。

SEO専門家の実証結果からは、キュレーションサイトだけが対象ではないということ。
必死に抜け道を探すSEO担当者とのいたちごっこにならないよう、この先も要注目ですね。

出典元:netgeek