「闇スロット」という名前を聞いたことがありますか?世の中には、「闇」で行われている一見すると犯罪とは思えないようこともたくさんあるようです。
知らずにいると、いつのまにか自分もその犯罪に加担してしまっていたなんてことにもなりかねません。
そうならないためにも、ここでは闇スロットと言われる犯罪行為をご紹介します。

通常スロットやパチンコなどは、“風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づき、許可を受けたお店でのみパチンコ店として営業することができる”という以下の画像のような仕組みになっていますが、
その中でも、きちんとしたメーカーの条件を満たしていないような改造されたパチンコ台、スロット台等が設置されているところもあると言います。




営業許可を受けておらず、改造した機械を使用したりしているお店は、看板を掲げず、マンションの一室などにあり入り口からは中が見えないようになっていたり鍵がかかっているそうです。
換金率が高く、通常のスロットに比べ何十倍というものもあるといい、遊ぶときにも直接コインを入れるような仕組みではなくお金を入れるとコイン枚数が表示され、入れた分のお金はその一台で使い切らなければならず通常のように途中で台を変えることができないようになっているのだそう。

もし誰かに誘われていったお店がこんなシステムであるなら、闇である可能性が高いとみましょう。

闇の世界へ足を踏み入れることがないとしても、ギャンブルは依存症等でも問題となっているように、ちょっとしたきっかけから自分ではコントロールできない状況になってしまう事も考えられます。
自分の人生を大切にするためにも、ギャンブルをするなら、軽く遊んで楽しめる範囲でとどめられるようにしたいものですね。

出典元:academic-box