【必見!】ドラム式洗濯機の思わぬ問題点!?使い続けていると…※画像あり

7,611 views

洗濯機を新調しようというとき、従来の「全自動洗濯機」か、それとも乾燥までできる「縦型洗濯乾燥機」か「ドラム式洗濯機」か、迷いますよね。

家電屋さんの洗濯機コーナーに行けば、新製品のドラム式洗濯機がずらーっと並んでいて、やっぱり今時の主流はこれかな、なんて思うのですが……。

単純に流行り廃りや新しい古いで選ぶのは、ちょっと待った方がいいようです。
実は、このドラム式洗濯機、便利は便利なのですが、使っていると意外な落とし穴があるようで……?

ドラム式洗濯機を使用している山本ダンさん(@DangYamamoto)が、Twitter上にて紹介した一連の画像が話題となっています。

ドラム式洗濯機を購入してから約2年半後、振動や生乾きといった問題に悩まされるようになった山本さん。
メーカー修理に出したものの、1万5千円もの修理費が……。

僅か半年後、再度の故障に、山本さんは買い替えも検討します。

ですが、ドラム式洗濯機のトラブルの原因が「ホコリの詰まり」であることを調べた山本さんは、テイユー株式会社というハウスやエアコンのクリーニングを請け負っている業者に依頼することにしたのです。

テイユー株式会社さんによれば、修理費用は2万2500円。
なかなかのお値段はするものの、買い替えよりは安く済みますし、山本さんは依頼することにしました。

数日後、担当の作業員K岡氏が来訪。
作業の経過を撮影、アップすることにも快諾を頂いた山本さんは、こうしてTwitter上にて紹介することとしたのですね。

手際良く分解され、構造が見えてくるドラム式洗濯機。
なにやらワクワクしますね。

ご覧ください、これが不具合の原因となったホコリの塊です。
相当な分量ですね……!

手のひらに載せられた、大量のホコリ。

山本さんによる所感まとめと、縦型とドラム式の比較。

ドラム式の弱点である「ホコリの詰まり」。

どうやら、定期的なクリーニングは必要なようです。
メンテナンス費用と考えれば、無理もないのでしょうか。

今後、技術の発展によってドラム式洗濯機の弱点も解消されていくかも知れません。
ますます便利になっていきますね。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑