サクラを勧誘、雇ったパチンコ店店長を特定!そのひどすぎる手口とは・・・??

4,336 views

パチンコ店の店長がサクラを雇っていたことが発覚したのは、大阪市鶴見区「べラジオ横堤店」。
このパチンコ店の店長は、女性に「サクラにならないか?」と勧誘していました。
手口は、サクラを高設定の台に座らせ、のちに報酬を分けるというもの。

設定など、店長にしかわからない情報を利用して、収入を得ていたようです。
これは、店に対しての裏切りであると同時に、客の信頼も失いかねないことです。
勧誘の際は、店名などを隠していましたが、すぐ特定されてしまいました。

遊ぶお金が欲しいから、サクラを雇っていると発言しています。

お店の場所は大阪市鶴見区だと言い、店は会うまで教えられないと言います。

会ってやりとりをするため、写真を送ってきました。

しつこく店長の勧誘が続きます。

しかし、同じ衣装の店長の写真が、店舗やネットにも掲載されていたため、名前まで併せて特定されました。

宮脇店長のべラジオでの経歴は、尼崎店、江坂店、横堤店で副店長を経て、寝屋川店グランドオープンを担当し、西中島店で4代目店長になります。
そして今回、新たに横堤店2代目店長に就任しました。
パチンコのサクラでお金を持ち逃げした人がいるかと聞くと、いないと言います。

さらに、これまでどのぐらい儲けた人がいるのか聞くと、8か月で180万と言います。

そして、取り分のことや、受け渡しの方法などを伝えてきます。

待ち合わせにやって来た店長。

この店長は、以前からこのようにサクラを雇って、小遣い稼ぎをしていたと見られています。
このようなサクラが実際にいたということは、衝撃的な事実でした。

べラジオ側は、現在事実関係の確認中で、店長の処分も今後決めるそうです。
そして、べラジオ横堤店の公式Twitterアカウントも非公開となっています。

このような不正があると、お客様への信頼を取り戻すのには時間を必要とするかもしれません。
今後は、このような不正行為再発の防止に向け、企業努力を積んでほしいですね。

出典元:netgeek

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑