テレビ番組「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ)にてレジ係を体験する武井咲の放送シーンにやらせ行為があったことが判明した。

番組冒頭、武井咲はレジ係をやってみたいといい始める。

堂本剛「本日のゲストは武井咲さんです」

ナレーション「女優として活躍する武井咲がこの番組でやりたいこととは!?」

武井咲「中学生のときから芸能界の仕事をしているので今までアルバイトをしたことがないんですね。もし仕事をするならレジ係をやってみたいと思っていて…」

この流れで実はイオンが協力してくれることになったと明かされ、IEON STYLE板橋前野町に向かう。そもそも武井咲はイオンのCMに出ているため、この時点で強烈なコネを感じるのだが…。大体、この番組自体がイオンの宣伝になっているのも怪しい。

厳しい研修を受けた武井咲はいざ本番に挑む。さっそくお客さんがやってきた。

なんと正体がバレてしまった。驚くお客さんを尻目に武井咲は順調にレジをこなし、会話もなんなく楽しむ。顔バレしてしまったが、順調だ。




こうして武井咲の初めてのアルバイト体験は大成功。しっかりと仕事をやりとげたのであった。だが、実際にこの現場にいた人はこれはあからさまなやらせだったと指摘する。そしてその証拠も押さえたという。

スタッフ「撮影用のレジなのでご利用になれません」

つまりこのレジを使っているのは仕込みの劇団員だったということか。現場では大きなカメラが向けられ、武井咲に気づいた人たちで人だかりができていた。一般人は武井咲がいる12番レジに行くことはできないのに、なぜかあの親子は堂々と使用できている。

これはもはや実体験のドキュメンタリーではなく、役者を使って台本通りに事を運ばせたドラマ。また視聴者を騙すインチキなやり方かとうんざりしてしまう。

私やらせ行為っていうのはあまり好きじゃありません、何事もやらせ行為が無いテレビ増えたら良いなと思います。

出典元:netgeek