満員電車では、女性にとってありがたいのは女性専用車両ですよね。でも、男性にとってはやっかいな存在だったりしますよね。
遅刻しそうなとき、慌てて飛び乗ろうとするも、女性専用車両だったという経験をされている男性は少なくないのではないでしょうか。
ある男性が間違えて乗った車両で、怒鳴り散らすおばさんに対しとったOLの行動が話題となっています。

この日も、ある男性が急いで飛び乗った電車が女性専用車両だったとすぐさま気づき、冷や汗をかきながらも、男性は移動が難しいことから両手を車両に着けた状態で目的地への到着を待ちました。
何事もなく一刻も早くついてほしい・・・そんな思いだったと思われる男性に、ある一人の中年女性が最悪な言葉をかけてきます。
このあと男性はどうなるのでしょうか・・・

男性に声をかけてきた女性は、こういいます。
「あんた、わざと女性専用車両に乗ったんでしょ!」
「恥ずかしいと思わないの!?」




男性は急いでいて間違えて乗ってしまったことを伝え、「すみません・・」とただただ平謝りをするも、さらにはこんな言葉を発します。
「気持ち悪い」
「怖くて電車乗れなくなるわ」

もう何も返す言葉が見つからず、扉のほうを向きうつ向いたままの男性。

すると、そこに救世主が現れました。

「もう、責めるのは辞めません?」
「彼だって、今移動したくても出来ない状態な訳ですし・・・」

暴言おばさんの横で一部始終を聞いていたOLが声を発しました。

引き下がれないおばさんは、「こういうの犯罪なんじゃないの?」と続けますが、

そのOLさんは、「女性専用車両は鉄道会社の配慮と、男性の協力によって成り立っているものであり、法律的に言えば男性が乗車しても犯罪行為になることはない」ということをおばさんに説明し、事態は収まりました。

思いやりで成り立つ仕組みが世の中にはたくさんあることを、忘れないように生活していきたいですね。

出典元:academic-box