モデルのカーリー・クロスさんが、ファッション誌「ヴォーグ」の撮影で、日本人女性の恰好をしたことを批判され、謝罪しました。
日本人の感覚からすると、一瞬「なんで?」と不思議に感じるかもしれません。

その理由は日本とは異なるアメリカの考え方にありました…

白人が日本人になり切ることは差別なのか?

日本人の恰好をして撮影しただけで「正気か?」

問題視されている写真というのがこちら。

実はアメリカでは、「白人が演劇で黒人役を演じる際、顔を黒く塗る」などの行為は『差別』と捉えられる傾向にあります。

今回、カーリーさんは黒髪のウィッグに「和」を意識した衣装を着用。日本のさまざまな場所で撮影され、相撲の力士と一緒に写る画像なども公開されていました。

この写真に対する「アメリカでの反応は」と言うと…




「イエローフェイス」で撮影するなんて信じられない
『ヴォーグ』正気か?
一方、日本で「カーリー・クロスが謝罪」という報道がされると…

理解できない。どこが差別なんだ?別に良くね
むしろ恰好良いと思ったんだけど…
日本に親しみを感じているようにしか見えないぞ
アメリカとは全く異なる反応!!!

Twitterなどにも「困惑した」という声が多く投稿されていました。

確かに、日本人を小バカにしたような衣装であれば、「差別的だ」と感じてしまう人もいるでしょうが、今回カーリーさんが着用していた衣装は、そういった印象を抱かせるものではないように感じます。

アメリカでは特に「他国の文化をバカにする」という行為はタブー視されています。もちろん、他国の文化や自分とは異なる人種の人たちを差別することは、絶対にあってはいけないこと。

しかし、「差別を指摘する人こそ差別的」という言葉もあるように、あまりにも差別に対して敏感になることにも問題はあるのかもしれません。

本当にこの人は正気なんでしょうか?ひどいですよね?もっと考えてやって欲しいです。

出典元:twitter