【そうだったのか】怒っても意味がない?→母親が泣きわめく子どもを怒らない本当の理由とは・・・??

5,473 views

お店に行くと子どもが泣きわめいている姿を目にすることがあると思います。
泣きわめく子どもに対して、お母さんは優しくなだめるように話しかけていることが多いですよね。
そんな姿を見ていると、「何で怒らないんだろう」とか、「私ならきちんと怒って育てるのに」とか考えてしまう人もいるのではないでしょうか。子どもなのだからしかたないと思う反面、迷惑だなと思う気持ちを抱いてしまうもの。
だけど、泣きわめく子どもを怒らないことには、きちんと理由があるってご存知ですか。子育て経験がないから理由が分からないという人もいると思います。
今回は子どもを怒らない理由について、ご紹介していきたいと思います。

子どもが泣きわめいているときの状況を分かりやすくマンガで紹介してくれているのが吉川景都さんです。
かつては、公共の場で泣きわめいている子どもを見るたびに、母親が叱らないことに疑問を覚えていたのだそうです。
しかし、子育てを経験したことにより、考え方が変わったそうです。

子育てというのは、それだけ経験しないと分からない苦労がたくさんあるということなのでしょう。

吉川さんが描いているマンガでは、子育て前の心境と、子育てをしてからの状況を分かりやすく紹介されていますね。
子育ての経験をするだけで、ここまで変わるとは驚きですが、ほとんどのお母さんは、かつて抱いていた心境とのギャップに苦しみながら、懸命に子育てをしているのでしょう。

子どもが暴れているときには、抱えることができないほど激しく動くので、怒る方がかえって対処ができなくなるという事実には、なるほどと思ってしまいますね。
怒って泣きわめく子どもを「じゃあ、ずっとここにいなさい」と放置していくお母さんがいることを考えれば、優しくなだめていても、きちんと家に連れて帰ってくれるお母さんの方が、周りだけでなく、子どものためにも優しいのではないかなと思いました。

泣きわめいている子供や、暴れていて手が付けれない子供を見ると、「迷惑だな」とか、「躾してよ」と思うときもありますが、優しくなだめるのも、お母さんが子供としっかり向き合っている証拠。
頑張っているお母さんに冷たい視線を送ったり、酷い言葉を投げかけるのではなく、心の中で「頑張れ」と応援できるような世の中になるといいですね。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑