【はみ出し注意】駐車場で「障がい者スペース」に進入するととんでもないことに・・・※画像あり

6,150 views

みなさんは日々、車に乗ることが多いでしょうか。少し都会を離れると車無しの生活が難しい地域が圧倒的に多いのが現状の日本。スーパーなどに買いものに行くと必ずあるのが駐車場ですが、この駐車場にほぼ確保してある『障がい者用のスペース』では良識のない人が「どうせ停めるのは短時間だから」「入り口が近いから」という理由からつい車を停めてしまうのです。ですが確保してある広いスペースは決して無駄な空間ではありません。もし進入して車を停めてしまった場合どうなってしまうのか、自然と次からは気をつけようと思ってしまうような申し訳なくなる光景をご覧ください。

一般的な駐車スペースの幅である2.5メートルに対して、広くとられている障がい者用の駐車スペースは3.5メートルにという基本があるのは知っていましたか。車椅子の利用者の場合、まず車いすを車に乗り降りさせるときドアを全開にしなければなりません。そのため必然的にスペースが必要でもありますが、同時に車と車の間に入ってくる車いす自体にも幅を必要とします。では実際にはみ出して停めてしまった場合どうなるか。

身勝手な駐車をして買いものから帰ってくる、そしてこの光景が目の前に飛び込んできたらどうしますか?障がい者をいじめてやろう、そう思ってはいなくてもスペースへの進入はこんな状態を生み出してしまう可能性があります。中にははみ出して停めた自分が悪いにも関わらず車が傷ついたらどうするんだ、そう言って理不尽に怒る方もいるかもしれません。が、問題はそこではないと言い返せる人がどのくらいいるのでしょうか。

障がい者用のスペースを塞いでしまい、本来使いたい人が使えなくなってしまうケースは車だけではありません。こちらをご覧ください。

気の合う仲間とのサイクリングはとても気持ちのいいものでしょう。しかし休憩する場所がこの場所では利用者の迷惑にしかならない、ということもしっかり頭に入れておかなければいけません。

シニアカーと呼ばれる電動車両、高齢者向けに作られた乗り物。スーパーなどで実際にこうして駐車をしている方がいますが、たとえ足腰の弱った高齢者が停めたのだとしてもこの駐車は専用に作られた人達からすればただの迷惑にしかなりません。お店によってはシニアカーでの買いものを許可しているそうですよ。

「もしこの障がい者スペースに車に進入して停めて、車いすを使う人に迷惑がかかってしまったら・・・?」

いま一度、自分がこれからやろうとしていることを冷静になって確認することが大切です。気遣い合い、使われるべきものが必要とする人にこそ使われる日が1日でも早く訪れることを願います。

出典元:reddit

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑