小さなお子さんのいるご家庭で、なかなか寝てくれない子どもに困っている…そんなお母さんお父さんも多いのでは?
寝てくれたら、その時間あれがしたいこれがしたいと思っていても、子どもは大人のペースに合わせてはくれませんね。

保育園で働きながら、保育士として資格勉強をしているTwitterユーザーとくたけ きょうこ@KOKEKKOKOさん。
ある方法を寝つかない子どもに試したところ、まさかの効果が!
その効果が絶大だったため、漫画にしてTwitterに投稿したところ、話題となりました。

では、どんな方法で寝つかない子どもがあっという間に落ちたのか。

子ども達を寝かしつけようと、お腹や胸を軽くたたく「トントン」をしていたとくたけ きょうこさん。
しかし、「トントン」ではなかなか寝付いてくれない子どももいます。

そこで先輩に相談したところ、あるコツを教えてくれました。

それは「足を温めてあげる」というもの。

そこでいざ、実践してみると…

あっという間に寝ついたお子さん!
スゴイ技です!

頭を冷やして、足を温める「頭寒足熱」とは昔からよく言われる言葉ですね。
健康のために、足を暖かくしておくと良いと言われています。

ただし、子ども達誰にでも有効というわけではないようです。

子どもそれぞれに寝つきが良くなるポイントはいろいろ。その日の体調や気持ちによって違うこともあるかもしれませんね。
みんな同じ方法でというわけにはいきませんが、一度試してみるのはいいかもしれません。

出典元:twitter