【戦慄】飲酒運転による暴走車が事故した結果→切断された子供の体を元に戻そうとする母親に胸が痛む。。。

15,405 views

これから紹介する話は、サンディエゴ南部で救急活動をしている方が実際に救命活動に当たった事例だそうです。普段は、公の場に発信することはないそうなのですが、飲酒運転をする人に考えてもらうために、情報発信をすることにしたようです。
飲酒運転が引き起こす事故は、本当に悲惨なものです。特に、今回綴られていた事故は、言葉にするのも憚られるほど、凄惨なものです。
中には「自分だけは大丈夫」と軽く考えている人もいるとは思いますが、飲酒運転がもたらすリスクや犠牲について、考える機会にしてもらえたらと思います。
飲酒運転が引き起こした凄惨な事故とは、どんなものだったのでしょうか。

ある家族の車が、交差点で信号無視をした車にぶつけられました。。
その車の運転手は、飲酒運転をしていたそうです。100キロほどのスピードが出ていたと言います。
ぶつかってきた車が信号無視していたため、家族の乗っていた車は横から強い衝撃を受けました。そのときに二人の子供が乗っており、一人は車から12メートルも投げ出されました。そして、もう一人の子どもは、ぶつかってきた車が乗りあげたときに、体を切断されてしまったそうです。

救急隊員が到着したときには、ひっくり返った車と、レンガの壁にぶつかった車が目についたそうですから、その事故がどれだけ激しかったのかが分かりますよね。

交通事故が起こった現場で、母親と思われる一人の女性が血まみれになって座っていたそうです。その女性は、切断された子供の体を手に持ち、一心不乱にくっつけようとしていたそうです。
傷口を併せても、くっつくことがないことなど分かっていたでしょう。しかし、女性にはその行為がやめられなかったのではないでしょうか。
目の前で、子どもが死に直面したときに、その死を受け入れることなどできるはずがありません。

そして、交差点の反対側には父親と思われる男性が、一人の子どもを抱えていました。救急隊員に気づいた男性は、そこへ走ってきました。その姿は、まるで狂っているようであったと綴られています。
父親は子供を救急隊員に手渡したのですが、既に生気はありませんでした。そのときには助かる見込みは薄かったのかもしれません。しかし、子どもの命を救うために、血管に薬を入れ、喉から管を通し、電気を通していく様子を、男性は近くでずっと見守っていたそうです。ただ子供の無事を祈る心境だったのでしょう。

しかし、子どもは二人とも亡くなってしまったそうです。

幸いにも両親は大きな傷もなく、大事には至らなかったそうです。しかし、子どもを失ってしまった悲しみは、身を切られるよりも痛いものだったのではないでしょうか。
この現場で救命活動をした救急隊員は最後にこう綴っています。

家族が破壊されたところを今日見ました。馬鹿なことは止めましょう。

この交通事故で飲酒運転をしていた人は、両親同様に大きなけがはなかったそうです。しかし、飲酒運転によって二人の子供の命を奪ったという事実は消えません。
償うことで、両親の心の傷が癒えることはありませんが、せめてきちんと反省して、これからは二度と飲酒運転をしないことを願うばかりです。

日本では、飲酒運転による事故の件数は2000年から減ってきているそうです。その背景には、2009年の法改正により、飲酒運転の罰則が重くなったことが挙げられるでしょう。
それでも、飲酒運転による事故は完全になくなったわけではありません。飲酒運転による事故を起こした人はそろって「認識が甘かった」という言葉を口にするそうです。自分だけは大丈夫と思っている人こそ、注意が必要ではないでしょうか。
自分が加害者にならないためにも、事故で犠牲になる人を増やさないためにも、「これくらい大丈夫」という考えを捨て、飲酒運転は止めるべきです。これは他人事ではないのです。いつ自分の身に降りかかるか分からない問題として、考えていかなければなりません。

この話を見て、飲酒運転に対する意識が変わればいいなと思います。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑