天皇陛下の生前退位の動向が気になっている方も多いと思いますが、ふと皇族の方々が普段食べている食事ってどんなものなんだろうと考えたことはありませんか?
気になる“それ”をご紹介します!

老舗和菓子店等をはじめ、「皇室御用達」と書かれたものを目にしたことのある方もいらっしゃると思いますが、皇室で使われているものはとても豪華なイメージがありませんか?
食事はどうなのでしょうか・・・

それがこちら。どうですか?質素に見えるこちらの食事ですが、食材一つ一つを見るととても素晴らしい内容なのです。
皇室の日頃の食事をまかなうための食材が作られる栃木県宇都宮市郊外の御料牧場では、羊、牛、豚、鶏たちが伸び伸びとした環境の下で放牧されていて、野菜は、すべて無農薬栽培されています。
一般の人は立ち入ることができず、ここでの食材は市販されていませんが、
素晴らしい大自然が広がっている様子を想像するだけでなんだかすがすがしい気持ちになりませんか。




素晴らしい食材を使って皇室の食事を作っていた人がどんな人かも気になりませんか?
以前、テレビでも放送されていた「天皇の料理番」というドラマの中で
宮内省大膳職司厨長(料理長)を務めた秋山徳蔵さんは実際に皇室の食事を担当されていた方がモデルとなっていたそうですが、料理の腕だけでなく、人間性もとても素晴らしい人物だったそうです。

出典元:academic-box