高速道路で車から放り出された猫→その後の運命はいかに・・・??※画像あり

936 views

2017年2月12日、母親のエリン・ブラウンさんは、息子のギャビンくんを誕生パーティーに送り届けるために、車を走らせていました。途中、高速道路を走行していると、信じられない出来事に出くわしてしまうのです…

なんと、前方を走っている車の窓から突然1匹の猫が放り出されたのです。それは何かの反動で振り落とされたわけでもなく、猫が自ら飛び出たのでもなく、車内にいた人間に意図的に放り投げられたのが見えたのです。

車内からいきなり道路上に放り出された猫はひどく混乱していたように見えました。相当なショックを受けたに違いありません。

このままでは間違いなく何らかの事故で怪我を負うだろうし、最悪死んでしまうかもしれない。

そう思ってエリンさんは急いで車を停めました。息子のギャビンくんはすぐさま車を降り、後ろから走ってくる車を次々に停め、猫の救助に向かいました。

猫はというと、放り出された直後はその場にうずくまっていましたが、我に返ると、橋の下に飛び降りて逃げ出そうとします。ギャビンくんは何とか飛び降りる直前の猫をつかんで救い出しました。

母親のエリンさんは語ります。

高速道路を走っていたら前を走る車から猫が投げ出されたんです。こんなに衝撃的なことはありません。息子が間一髪のところ、飛び降りようとする猫をつかんで救い出せました。

猫は、ギリギリのところで助けられたものの、いきなり放り出されたり、知らない人間に捕まえられたり…助けられたと理解してはいないでしょう…と、めまぐるしく変わる自分の状況に混乱し、ショックを受けて、興奮が収まらない様子でした。また、投げ出されたときにつま先に怪我をしたようで、大きく息をしながら体を震わせていたといいます。

ギャビンくんは心身ともに傷ついた猫をやさしく抱きしめ、なでつづけました。そして、落ち着かせるために、できるなら名前を呼んで励ましたいと思いましたが、当然、この猫の名前を知りません。それでギャビンくんはこの猫に「ラッキー」と名前を付けました。こんな目に会った不幸なこの猫に、たくさんのラッキーが訪れるようにとの思いから…
ギャビンくんはラッキーを連れ、そのまま動物病院へと急ぎました。

病院へ向かう途中もギャビンくんはずっとラッキーを励まし続けました。ラッキーもそれを感じたのか、次第に落ち着きを取り戻していきます。

動物病院に到着して獣医に見てもらったところ、ラッキーは軽傷で大事には至っていませんでした。

母親のエリンさんがFacebook上でラッキーの身に起きた一部始終を公開したところ、それを見た人から、「ラッキーの治療費の一部を負担したい」との申し出がありました。さっそくラッキーに本当にラッキーが訪れたのです。ギャビンくんは人々の善意に胸を打たれ、涙を流して喜んだそうです。

みなさん、本当にありがとうございます。僕が持っている63ドルと合わせ、これでラッキーを治療できます。

ギャビンくんはお礼の言葉を母親のFacebookから投稿しました。

ラッキーはエリンさんとギャビンくんの家で新たな生活をはじめました。傷の方も着実に回復をしています。そしてギャビンくんとラッキーの絆も着実に深いものになっています。

ここまでするギャビンくんは実は、小さいころから動物が大好き。そして、そんなギャビンくんの将来の夢は「獣医になること」なのだそう。

高速道路で車から放り出されても軽傷で済んだラッキーは、強運の持ち主ですが、一番の”ラッキー”は、投げ捨てられた車の後続車に乗っていたのが、誰よりもラッキーを愛することのできるこのギャビンくんであったことじゃないかと感じたのは私だけでしょうか。

出典元:surprise-magazine

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑