【衝撃の遺書】上原美優さんが遺したメモが発見された!?→解読不可能な文字の羅列に、追い詰められた感が半端ない。。。

34,595 views

日本は自殺者が多いことで知られていますが、有名人の自殺となると、後追い自殺をするファンなどが問題となり、センセーショナルに取り上げられることも多いと思います。
2011年5月に自殺した上原美優さん。貧乏であることをネタにしていながら、暗さを感じさせないトークをしていたことを覚えている人もいるかもしれませんね。
その上原さんが死ぬ前に遺したとされるメモが怖いと、ネットで話題になっているようなのです。何を書いているのかもわからない乱れた筆跡からは、追い詰められていた上原さんの心境を読み取れるようです。
一体、どんなことが書いてあり、恐怖を感じるのか気になりませんか。気になる内容をご紹介していきましょう。

上原さんが遺したという謎のメモがこちらです。

最早何と書いてあるかすら分からないですよね。ところどころ、こう書いてあるのかなと思うような文字がありますが、解読は不可能なほどに文字は乱れていますね。
最後に書いてあるのが「ホントーニアリガトウ」ではないかと言われているようです。言われてみればそう見えなくもないですね。

その他にも、最初の一行について、ある疑惑が浮上しているそうです。

上原さんの地元は鹿児島県種子島だそうですが、種子島に存在する小屋の壁に、同じ文字と思われるものが書かれているということで話題に上りました。
確かにそっくりですが、見たことがあると言っても、自殺前にこれを正確に書き記すことができるのでしょうか。

他にも、1行目に書かれていたのは、本当はカタカナだったのではないか。後から誰かが書き足してああなったのではないかという憶測もあります。
私にはまったくわかりませんでしたが、どんな文字が隠されているか分かりますか。その内容は「カミハオリテキタ」なのだそうです。上原さんは何かの宗教にでも入っていたのでしょうか?

この遺書に関しての真実は、「上原美優」のものではないということだそうです。まあ、女の子の書く文字の割に汚いとは思っていましたが…。
この事実を語っているのはマンガ家である赤星たみこさんです。

書いてあることが分からなくて、解読できる人を探すために公表したものだったようです。
このメモを書いたのは、赤星さんのお父さんだったのだとか。

これを見た誰かが、2ちゃんねるに「上原美優の遺書」として投稿してしまい、広く知られることとなってしまったそうです。
確かに、マンガ家のお父さんのメモというよりは、上原さんの遺書だった方が、いろいろな人からの反応も返ってくるでしょう。しかし、死んだ人に対してこのようなことをするのはどうなのでしょうか。
災害などが起こると、不謹慎だと言って有名人を叩く人がいますが、これは不謹慎には当たらないのでしょうか。
良識のある人間であれば、まずこのようなことはしないと思いますが…。

上原さんの死の真相とは、もっと上原さんの内面に関わるような問題のようです。

上原さんの手帳には、自殺の引き金になったと思われるメモが残されていました。

「お母さんが死んで辛い。このままのスタイルで仕事して先行きどうなるか」

誰もが一度は悩む親のこと、仕事のことで悩んでいたようです。その中で追い詰められた上原さんは、次第に自殺を考えたか、突発的に死の道を選択してしまったのではないでしょうか。

芸能界という特殊な環境に身を置き、いろいろな苦難と戦ってきた上原さん。苦しかったことは、人並み以上にあったでしょう。
自殺の嘘の真相が、本当のように囁かれることがないことを願うばかりです。

赤星さんのお父さんのメモの内容も、きちんと解明されればいいですね。

出典元:academic-box

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑