コンビニ前の会社にクレームを出した結果…→自分が後悔することに・・・

11,532 views

日本は穏やかな国とはいえ、クレームを言う人たちはどこにでもいるものですよね。そのすべてが良い改善につながるものであればいいのですが、自分の事ばかり考えて発言してしまえば、結局自分を苦しめる結果になることもあるのです。
そんな悲しい結果を招かないためにも、みんなでHappyになれる道とはどんなものことなのか、一つの事例を交えてご紹介したいと思います。

クレームと一言に言っても、確かにその声に耳を傾けることでよい方向へ改善されることも多く、ありがたい意見ととらえることはできますが、それがもし「自分の事ばかりを考えるあまりに・・・」といったものである場合にはどうでしょうか。
時に、予想もしなかった結末を迎えることになるかも知れません。

ある会社の前にコンビニがあったそうなのですが、ある日、近隣住民がその会社の社員に向けて、「社員が大勢いるせいで自分たちの買い物の邪魔になる」と、その会社にクレームが入ったそうです。
それに対し会社は社員へコンビニ利用禁止の指示を出しました。
その結果、そのコンビニは経営が悪化し閉店となり、

結局コンビニがなくなり一番困ったのはクレームをつけた人を含めた近隣住民だったのです。

この一件では、確かに社員側にも目に余る行動もあったのかもしれません。
それでもクレームを受けた会社は「社員の利用禁止」意外にできる対策はなかったのでしょうか。

もしも今後自分がクレームを言う側にも言われる側にもなったときには、この出来事を思い出して、その場の勢いや、収めることだけを考える答えを安易に出すようなことだけはしないようにしたいと感じました。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑