【クソガキ注意!】親のしつけができていない子どもが増加中!?→詳細をご覧ください・・・

7,260 views

年々、生まれてくる子どもの数は減っていますが逆に増えてきているのが自分勝手な要求ばかり押し付けてくる“モンスターペアレント”と呼ばれる親の存在。この言葉が使われるようになってすでに数年が経ちます。このモンスターペアレントのように困った親を持つ場合、子どもに与える影響は計り知れないものとなってしまいました。当たり前とされている常識ですらまともにしつけとしてされず成長したとき、それが悪いことだと思わないので平気でしてしまう。まさにこのような迷惑行動をする子どもの話しが話題になってしまいました。今回はそんな困った子どもに焦点を当ててお伝えします。

ひと昔前なら悪いことをした子どもはたまたま居合わせた誰かによって注意がされていましたよね。それが今では例え子どもの方が悪くそれを注意した場合でも逆に罵られ文句を言われる時代となってしまいました。そこでこんな動画を発見。

子どもが3人、線路に入り遊んでいたというもの。(悲しいことに、先日ある芸能人も無断で線路に入ったなんてニュースがありましたね・・・。)幸いこのとき電車は来ませんでしたが、男性が線路から子どもを出していなかったら大惨事になるところでした。警察に呼ばれ駆けつけた母親は驚くべき言葉を口にします。

「電車なんかちょっと当たったってケガするぐらいでしょ!」

あなたの子どもは空想上のモンスターか何かですか!?と思わずツッコミたくなってしまうセリフ。親がまず常識をわきまえていないのも大問題ですが、子どもが線路に入ったことを悪いと思っていない典型的な話しです。遅れて到着した旦那がちゃんと話の分かる方で良かった、この一言に尽きます。

まだまだあります、今度は「家に遊びに来た悪ガキ」編です。

『キッチンへ勝手に入ってポテトチップスを盗んでお持ち帰り』
「小学校の息子の友達なんですが、いつも家に来ると息子の部屋でゲームなどをして遊んでいます。でもその子だけちょこちょこと部屋から出てきては、いつも人の気配を探っているような落ち着かない感じがあって気になっていました。その予感は的中…ある時、キョロキョロと誰もいないのを確認してキッチンに侵入。カゴにあったポテトチップスを盗んでリュックに入れているのを目撃してしまいました。あえて声は掛けませんでしたが…。」

人の家から勝手にものを持って帰ってはいけない、もちろん窃盗ですからね。親は教えていないのでしょうか。このまま成長したらお店で万引き、なんて最悪な事態にもなりかねません。

『遊びにきた子どもが、その家の父親に乱暴な言葉遣い』
「娘の幼稚園の友達が遊びに来た時に、女の子だからおませで2人きりで遊びたがるんです。なので僕がリビングにいると『ここにいないで~。あっち行って~』と言われることがよくあります。それは微笑ましいんですが、友達の中に女の子とは思えないほど口が悪く睨みをきかせてくる子がいまして。『さっさとあっち行けよ。なんでここにいんだよ!おい、行けよ!』なんて言うんです。人の家に遊びにきてこんな言葉遣いや態度、こういうところに親の教育が現れるんだな…と痛切に感じました。」

おそらくですが、このお子さんは親がこんな粗暴な話し方をしているのではないでしょうか。日常からそんな荒い会話がされていては、子どもにとってはそれが普通になってしまいますからね。

上の3つだけでもかなりお腹いっぱいな気がしますが、「しつけのなっていない子ども」最後はこの話を掲載させて頂きます。

『人の家のものを壊しても、親も謝罪しない』
「息子の友達に、すごく行儀の悪い子どもがいるんです。家にくると『何か食べたいなぁ。○○の家はこないだバームクーヘン出してくれたんだぁ』と遠回しにおやつを要求。リビングで遊べばソファでジャンプをして座る部分のバネを破壊。テレビゲームで負けるとイラ立ってリモコンを壁に投げつけて、壁を凹ませただけでなくリモコンは故障しました。さすがに彼の母親に電話をして事情を説明、話したことがあったんですが『そうなんです~。やだ~。すみません~』と半笑いでちゃんとした謝罪は一切なし。」息子には『もうあの子とは家で遊んじゃダメ』と言うしかありませんでした。」

どこから怒って良いのか分からない暴挙の数々です。たしかに子どもはつい感情を爆発させて泣いたりしますが、自分の物ではありませんしそこは親が教えておかなければいけません。そもそも子どものしつけはまず親がきちんと常識を持っていないと成り立たないもの、そう感じます。この記事を読んで、自分の家の子どもは大丈夫だろうか、と思ったならこういった「しつけをされていない子ども」になってはいないと思います。なぜならこういった子どもの親は、この記事を読んだとしてもこれらが“悪いこと”だと認識しないのですから・・・。

出典元:jonny

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑