最近視力に自信がなくなってきた…そんな方いませんか?
遠くから近くを見た時、ピントが合わないとか、遠くより近くが見づらい、など…。
または明るい時は見えるのに、薄暗くなると見えづらいなんて方もいるかもしれません。

それ、もしかしたらスマホ老眼かも?
PCやスマホの普及で、目に不調が現れる人が増えているそうです。

では、自分の目は大丈夫か、「色覚診断」で確認してみませんか?

これはわかりますよね。
12です。
こちらは色覚障害の方でもわかる数字です。

これはどうでしょう?
少し見えづらいかもしれませんが…。
6です。
色覚に問題があると、かなり見づらいようですよ。

これは見えましたか?
73です。
ぼんやり見えて13かな?と思った方は怪しいかも…。

かなり難しくなってきました。
読めますか?
15という数字がはっきり見えたでしょうか。

17に見えた方、色覚異常の可能性大です。
青系の色覚異常者の方は17に見える場合があるそう。

こちらも難度が高いですが…29です。
もしかして「70」かと思った方は、赤系の色覚異常かも。
赤色の色覚異常を持つ方は意外と多いそうです。

最後の問題です。
さてこれは…?
実は、こちらは見えないのが正常です!
これらの数字、わかったけれどなんだか怪しかった…という人は、色覚異常ではなく、スマホ老眼かもしれません。
色覚異常もスマホ老眼も、明るいところでは見えるけれど、薄暗いと見えづらいという特徴があるようです。

こんな症状の方は、ご注意を。
・目がしょっちゅう疲れる
・目がかすむため、目薬をよく使用する
・肩こり・頭痛が慢性的にある

無理をして近くにピントを合わせるため、目が疲れてしまうようです。

スマホ老眼を予防するには…
・できるだけスマホを見る時間を少なくする
・遠くの景色を、何分かおきに見る
・目に良いと言われる食品やサプリメントを摂る

ブルーベリーは目に良い食品と言われますね。

老眼は一度なってしまうと、もう治らないと言われています。
若くして老眼にならないよう、生活を見直してみることが大切かもしれません。
たまには自然の中へ出かけて、リラックスするのもいいかもしれませんね!

出典元:academic-box