【衝撃理由】東京ディズニーランドは迷子放送をしない→一体、なぜ・・・??

5,965 views

大人も子どもも、皆が大好きなディズニーランド!
楽しい夢と魔法の国ですね。

たくさんの家族連れも訪れる、ディズニーランド。
実は「迷子放送がない」ということ、お気づきでしたか?

まさか、迷子はいない?
そんなはずはありませんよね。
園内は広く、多くの人がいるのですから、迷子になるお子さんもいると思います。

一体、ディズニーランドでは、迷子にどんな対応をしているのでしょうか。

実はディズニーランドには園内放送がありません。
「夢の国の雰囲気を壊さない」という理由からだそうです。

では、お子さんが迷子になってしまった場合はどうしているのでしょう?

ディズニーランドでは、たくさんの「キャスト」たちが働いています。
なんと、ディズニーリゾート内で働くキャストの総数は、約18000人!
園内どこを歩いていても、キャストを見かけないことは、まずないですよね。

ですので、もしも迷子をがいたら、キャストがすぐに対応。
まず、迷子のお子さんと一緒に15分ほど、保護者を捜してくれます。
キャストのコスチュームは目に留まりやすいので、多くの迷子はこの段階で保護者が見つかるそう。

それでも保護者が見つからなかった場合は、すぐ「迷子センター」へ連絡、特徴など情報を伝えて「迷子センター」へ連れて行きます。
その途中で、保護者から問い合わせがあった場合は「似ている子が向かっています」と伝えてくれるそうです。
もしかすると、特徴は似ていても本人でない場合もあるので、このように伝えているそう。

保護者から迷子の依頼を受けた際も、まずはキャストと一緒に15分ほど子どもを捜します。
見つからなければ、「迷子センター」に特徴が一致する子がいないかを確認。
もしいれば、保護者に「迷子センター」へ向かってもらいます。

「迷子センター」にいなかった場合は、保護者は特徴などを登録し、連絡先を伝えます。
そして連絡を待ちながら、引き続き子どもを捜します。
また、同時にセキュリティーキャストとカストーディアルキャスト(清掃員)が、業務を行いながら、迷子を捜します。

また「迷子センター」には、「迷子シール」というものがあり、キャラクターのイラストに必要な情報が記載できるようになっているそう。
心細いお子さんたちも、キャラクターのシールで、ちょっと和むかもしれませんね。
このように、キャスト達が連携しサポートすることで、迷子の対応をしているディズニーランド。
園内放送がなくても大丈夫なんですね。

過去には、キャスト達の働きで、誘拐犯を捕まえたこともあるそうです。
夢の国の世界は、キャストの力で支えられていると言っても過言ではないのかもしれません。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑