電車で赤ちゃんを抱く女性に席を譲ろうと隣にいたおばさんが横取り!→注意しようとしたらまさかの展開に・・・

13,592 views

幸運にも席に座れて電車に揺られていると、その席が優先席ではなくても「あ、この人に席を譲ってあげようかな」という人が現れることがあります。それは決して世間がそういった風潮だからとか、見下しているからとかではなく、その人の本当の善意によるものが大きいですよね。昼下がりの山手線で、ある男性が出会ったのは小さな赤ん坊を抱えた女性でした。女性のために譲ろうと席を立った男性をよそに、男性と入れ替わるように座ったのはなんとその隣りにいたおばさん。ここで終わればただの胸糞な話ですが、まだ先がありました。

ある昼下がりの山手線でそれは起きました。多くの人で混雑していた電車内で、男性は運良く席に座れていたといいます。空席を見つけるのが難しい程の電車の中へと小さな赤ん坊を抱いた女性が乗車し、たまたま男性の目の前に立ちました。「大変そうだな」と感じた男性は、女性へ席を譲ろうと席を立ったのです。が、その善意を受け取ってしまったのは赤ん坊を抱いた女性ではなく隣に立っていたおばさん。割り込み座ってしまったおばさんのあまりの図々しさに嫌悪感すら覚えた男性は「あなたの為じゃない」と声をかけようとしました。

いざ声をかけようとした瞬間、男性が座っていた横の“元々おばさんの前に座っていた”サラリーマンの男性がスッと席を立ち上がりました。そして女性に向かって「どうぞ」と、今まで座っていた席へ座るよう促したのです。このとき男性はハッとしました。

「僕はおばさんを立たせて赤ん坊を抱いている女性を座らせようという発想しかなかった」

席を立ち上がったサラリーマンの男性の気遣いに安堵していると、男性に向けてもペコリと会釈をするのでした。女性と赤ん坊が座れたことで、男性の本来の目的は達成。おばさんへの声掛けも「じゃあいいか」と収まったその時、サラリーマンの男性がそっと動きました。

「あなた以外にも席を必要としている人がいます」「人の善意につけ込むのはよくないですよ」

と割り込んで座ったおばさんに一言。近くにいた男性に聞こえるか聞こえないかくらいの小声で言い終わると、そのまま扉付近まで移動していったそうです。男性はその時の出来事をこう話しています。

「僕がそのおばさんに言いたかったことを、そのまま伝えてくれたあのサラリーマン。あとになって思ったのですが、もしかしたら、あの人は僕がおばさんに苛立ち、何か言おうとしているのがわかったのかもしれません。少なからず、公共の場で何かを言うのは、よくない注目を浴びてしまいます。あの人は僕の代わりに役目を引き受けてくれたのかなって。正直、あのおばさんには今でも少し苛立ちを感じます。でもそれ以上に、心温かい人もいるんだなと思うと、この世も捨てたもんじゃないなと思った出来事でした。」

今回のようにハッピーエンドを迎えられるエピソードはおそらくごく一部なのでしょう。ネットでは中高年にこんなことをされて困っているといった内容のツイートで溢れています。よく「自分のことは棚に上げて…」と言いますが、まさにそのような状況が散見されましたので、いくつか掲載させて頂きます。

上のような光景を見かけて勇気を出し注意しても、暴言を吐かれたり逆ギレされるのがほとんどだと諦めてしまっている人が多いようです。席を譲った男性達のような優しい人もいれば、視線を合わせないよう目を背ける人達ももちろんいます。むしろ非常識な人達が目立つ現代だからこそ、いくつになってもマナーのある行動を心掛けたいものですね。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑