ブランド品などのお店でもらった紙袋って上部でオシャレですよね。何かにいつか使えるかもとどんどん溜まっていきませんか?
でも、実際どんな風にリメイクしたらいいのか困っている人も多いはず…。
実は紙袋はただの手さげではなく、「整理整頓」「インテリア」「配送用個別包装」などに姿を変えることができるんです!


オシャレな紙袋で家の中も華やかにしてみませんか?

厚手のしっかりとした作りの紙袋は紙袋ボックスを作るのに最適です。紙なので加工も簡単ですし、不要になったら処分も簡単ですね。
まず基本の紙袋の収納ボックスの作り方をご紹介します。

1. 紙袋の取っ手を切り取ります。
2. 上の写真と同様に、自分の好みの深さになるように調整し内側に折り込み箱にします。
作り方のポイントは、余分な部分を切り取るより補強のため折り込みましょう。切る手間も省けます。それでは、この箱を使った活用術を実際に見てみましょう。

活用術その1:土付き野菜のストック箱として

土付き野菜はもらってとても嬉しいのですが、置き場に困ってしまうこともしばしば。そこで登場するのがこの紙袋ボックスです。紙は通気性がよいので、野菜をストックするのにオススメです。汚れたらそのまま捨てられるのも紙袋ボックスのよいところですね。

活用術その2:キッチンツールの整理整頓

写真のようなステンレス製のカゴなどに入れて、中身の目隠しに使用するのもオススメです。目隠しをすると、中身がごちゃごちゃでもスッキリして見えます。カゴがいくつかある場合は紙袋の色を統一しスッキリ見せることもできますし、また逆に種類ごとに色を分けて使っても目印になってとても便利です。

活用術その3:子どもの衣類の仕分けに

紙袋ボックスを引き出しの仕切り箱として利用するのもオススメ。紙袋底面の大きさの違うものをうまく組み合わせ、かさばるものや細々したものなどが分けられるので便利です。また、見た目でスッキリして一目瞭然なのでお子さんが自ら洋服の管理をしてくれるかもしれませんよ!

紙袋の活用術 インテリア編

色や柄がかわいい紙袋などは玄関やリビングを華やかにするちょっとした物入れに活用してはいかがでしょうか。

活用術:小物が増えがちな玄関に

出かける際に忘れがちな小物、ポケットティッシュなどをまとめて入れてみましょう。その際、そのまま置いておくと汚く見えてしまうので紙袋で作った収納ボックスに入れておくとオシャレかつ効率的です。
小さなお子さんのいるご家庭なら、出がけに忘れがちなグッズ類、例えばオムツやウェットティッシュ、保険証など置いておけば忘れ物がなくなるかもしれませんね!

紙袋の活用術 包装、カバーなどに

最近は、フリマアプリやネットオークションを利用している人が増えています。商品の発送などに商品にあった大きさや状態の良い紙袋を取っておいて包装に使ってみてはいかがでしょうか。見栄えもよく、相手の印象も良いこと間違いなしです。
また、紙袋をきれいにひらけば大きな紙としてそこからブックカバーやトイレットペーパーカバーとして活用するのもいいですね。

様々な活用法があって驚きですね。今から眠っている紙袋を紙袋ボックスにしてチャレンジしてみたくなりました。

出典元:tg-uchi