「老後の楽しみ」のつもりが…まさかの悲しい結末を迎えることになるとは・・・※画像あり

3,004 views

仕事をしていると忙しくてなかなか趣味に没頭できる時間がないものです。しかしながら「定年退職してからゆっくりやろう」「老後の楽しみにとっておこう」等と考えている方にはひとつお伝えしなければならないお話があります。
それはあるSNSの書き込みでした。
ある日、模型やフィギアを作ることが趣味というIORIさん(@IORI_koubou)は、定年退職したお父さんから鉄道模型を譲り受けたのだそうです。
それは「いつか作ろう」とお父さんが大切にとっておいたHOゲージ(縮尺1/87サイズの模型)の鉄道模型でした。
せっかく楽しみにとっておいたものを自分に譲る、というお父さんが続けた言葉は…

仕事が忙しい、子供に手がかかる。毎日忙しくてなかなか趣味に没頭できる時間がないものです。しかしながら「定年退職してからゆっくりやろう」「老後の楽しみにとっておこう」等と考えている方には悲報ともいうべきお話があります。
それはあるSNSの書き込みでした。
ある日、模型やフィギアを作ることが趣味というIORIさん(@IORI_koubou)は、定年退職したお父さんから段ボール箱に詰まった鉄道模型を譲り受けたのだそうです。
それは「いつか作ろう」とお父さんが大切にとっておいたHOゲージ(縮尺1/87サイズの模型)の鉄道模型でした。その中にはアレンジするために社外品のパーツまで揃っていたといいます。

その理由を「俺はもう細かいのが見えなくて組み立てられない」と話す寂しげなお父さん。還暦を迎え、仕事も落ち着いてきたところで「さあ作ろう!」と思ったものの、身体も年を重ね思うようには動かなかったのだそうです。
そんなお父さんの姿に「楽しみを老後にとっておくのはやめよう」と誓いました。

IORIさんが投稿したSNSでは同意の声や、お父さんと同じように後悔の声が多数ありました。

• そうか。時間がいくらあっても、身体は老化しているもんな…。
• 自分も模型作るの好きだから、お父さんの悲しみと未練がすごく伝わってくる。
• 本当にこれ。今現在、手先が思うように動かせなくてつらい。
• 定年後に関わらず、自分の人生がいつ終わってしまうかもわからないしね…。

いつか完成品をお父さんに見せてあげるためにも、と模型完成に向けて少しずつ制作しているというIORIさん。自分で組み立てることはできなくとも、息子に引き継いでもらった鉄道模型完成の夢が叶ったなら、お父さんもきっと嬉しいに違いありません。
「老後」の楽しみもほどほどに「今」を楽しむことを忘れてはいけませんね。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑