【衝撃事実】行方不明13年間の少年、その誘拐犯人が実は・・・※画像あり

15,369 views

毎日のように発生する、多くの事件。
治安が良い方だとされる日本でも、日々様々な事件が報道されています。

そしてアメリカでは、日本よりももっと多くの凶悪事件や過激な事件が発生しています。

この事件は、そんなアメリカで起こったもの。

ジュリアン・ティベリウス・ヘルナンデスさん(18歳)は、ごく普通の生活を送る男性でした。
ところがある日、進学の手続きを行う際、自分の社会保障番号と名前が合わないことがわかりました。

職員に尋ね、詳しく調べたところ…。
なんとジュリアン・ティベリウス・ヘルナンデスさんは誘拐され、行方不明者のデータに登録されていたのです!

一体どういう事ことなのでしょうか?

ジュリアン・ティベリウス・ヘルナンデスさんは、13年前の5歳の頃、誘拐されていたことを知りました。

一体誰が彼を誘拐したのでしょう?
彼を誘拐したのは、実の父親のボビー・ヒメネスさんだったのです!

ボビーさんは離婚で養育権を得られず、妻にジュリアンさんを幼稚園に送ると言って、誘拐を決行したようです。

ジュリアンさんは警察に保護され、母親の元へ。
13年という長い時間を経て息子が見つかった母親は、驚きのあまり何も言うことができなかったそうです。

アメリカで起こる誘拐事件や行方不明事件は、生存率が低いことが多く、ジュリアンさんのように発見されることは稀だと言います。
また報道も、日本のように大きく取り上げられず、一部地域でしか知らされない場合も多く、なかなか発見に結びつかないそう。

しかし、この事件を担当したジョニー・エバンス警部が「諦めずに捜し続ければ報われる好例」とコメントしているように、もしかするとどこかで生きている可能性もあります。

アメリカに限らず、日本でも多くの行方不明者がいます。
一人でも多くの方が、ジュリアンさんのように発見されるといいですね。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑