【異種族愛】怪我をしたキツネを見つけたメスライオン、まさかの行動に・・・※画像あり

9,642 views

人間が生きる世界よりも弱肉強食で溢れる動物の世界。狩る側・狩られる側がハッキリと別れている彼らの世界では、身を守れる手段を失えば抵抗する間もなくすぐに死んでしまうでしょう。弱い動物がライオンに遭遇したらまず逃げるしかありません。襲われれば、そこで死を覚悟するのみ。この子ギツネも大きな怪我をして動けない状態でメスライオンと遭遇。近くに親の姿はなく、最悪の事態です。オスのライオンまで現れてしまい「もう助からない」、そう思っているとメスライオンは驚きの行動に出たのです。

この写真が撮影されたのはアフリカ内陸にあるボツワナの中央カラハリゲーム保護区です。骨盤か骨髄を骨折しているとみられ、体を引きずってでしか動くことができないオオミミギツネの子ども。そんな状態にも関わらず、目の前に現れたのは親ギツネではなくメスライオンでした。

恐怖し、必死に声を上げる子ギツネをメスライオンが見つめていると、今度はのそりとオスライオンまでもが現れたのです。ですが不運これだけではありません。

メスライオンが引き連れていた子ども達までぞくぞくと登場。可哀想ですが、これは自然の掟。子ギツネに残された時間はあと僅か・・・のはずでしたが。

他のメスライオン達も合流し、ついに子ギツネは食べられてしまうのか思っていると一匹のメスライオンが子ギツネに寄り添うように座り込んだのです。それに続くように子どもライオンも他のメスライオンも子ギツネを襲う様子はまったくありません。しかしオスライオンは腹が空いているのか、メスライオン達の母性ある行動など気にもせず子ギツネに近づきます。

メスライオン、オスライオンにガチの威嚇!完全に子ギツネを守る態勢になっています。まさかの行動にオスライオンは「あーもう!」と言わんばかりに遠吠えをすると、その場をしぶしぶと去っていきました。その様子を見ていた子ギツネは何か感じるものがあったのか、声を上げ逃げようとするのを止めたのです。

獲物を食べ損ねたオスライオンがいなくなってからも、しばらく彼女たちが子ギツネの味方として守っていたそうですが、その後は違う獲物を見つけに行くためその場を去っていったそうです。当の子ギツネは四肢を引きずりながらも草むらに避難できたそうで、なんとも優しい世界を見せて頂きました。

出典元:cadot

 

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑