夜間のアポなし訪問に潜む危険をご存知ですか??→衝撃の実態をご覧ください・・・

春になり、就職や進学で親元を離れ、ひとり暮らしを始める人が多くなる季節ですね。
これからは自分の事は自分でやらなければならず、楽しみ半分不安半分の気持ちなのではないでしょうか?

ひとり暮らしで注意することのひとつとして、アポイントもなしに、いきなりやって来る勧誘や訪問販売などがあります。
このような訪問者はドアを開けないで、追い払うことができるかもしれません。

しかし「水道工事に来ました」と言ってきたら…?
ドアを開けて確認してしまう場合があるのではないでしょうか。

ところが、こんなケースに潜む危険があるのです。

ひとり暮らしをしていた女性の82waさん(@82wa_820)の実体験。
ある夜、8時ごろにインターホンが鳴り、「水道工事です」と言われた82waさん。
不審に思った彼女は、先方の所属先を聞くと、立ち去っていったとのこと。

この件を警察に通報したところ、暴行が目的だった可能性があると言われたそうです。
もしもうっかりドアを開けてしまったら…恐ろしいですね。

注意を呼び掛ける82waさん。
そして同様に恐ろしい体験をした女性たちも、コメントを寄せています。

多くの人が、不安になるような怖い思いをしています。
また、電気設備の会社に勤務している人はこんな意見も書いています。

夜に、しかもアポイントなしというところはないようです。

なんと相手が名乗ろうが、夜間のいきなりの訪問者にドアを開けて応対することは危険と隣り合わせと言えるでしょう。
ひとり暮らしの女性やお年寄りなど、弱い立場の人を狙った悪質な犯罪が多発する昨今、自分の身を守るため、普段から注意をしておくことが大切ですね。

出典元:twitter

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑