【痛快】老夫婦の客を小バカにする寿司屋の大将に対し、若いカップルが耐え切れず言い放った言葉とは・・・??

23,808 views

都内で会社員をしているAさんが先日、取引先の付き合いで都営地下大江戸線沿線の駅に隣接している回らない寿司屋で食事を取った時のこと。

お昼時ということもありほぼ満席の状態で、3組座ることのできる長テーブルに通されたAさんたちは老夫婦と若いカップルの2組と相席する形で席につきました。
先に座っていた2組はすでに注文を済ませたあとだったようで、私たちが席について間もなくお寿司が運ばれてきました。
運ばれてくるときに見えた輝く寿司ネタをみて、「おいしそうだなあ」と心待ちにしながら待っているとAさんたちの注文したお寿司も席まで運ばれてきました。
「ありがとう」と届けてくれた大将に伝え、さあ食べようとしたその時!
相席している老夫婦の女性があることを大将に話しかけたのです。すると大将が激怒!
その後起こったこととは?

女性は大将に「この鉄火巻き、本当においしいですね。家庭でもこんな風に作りたいときはどうやったらいいですか?コツはありますか?なかなか素人には難しいですかね…」と話しかけたのです。
すると大将は女性に向かって「笑わせるね!そりゃ無理だわ、当たり前。」とぶっきらぼうに言い放ったのです。さらに、「そんなもんこちとら延々と修行重ねてやってきてるんだ!やすやすとコツなんぞ教えられたら苦労ないもんだ。」と嫌味に小笑いして答えます。

この女性は本当においしかったからこそ、ちょっとしたコツがあれば聞きたいと思っただけだと思うのですが、大将のまさかの返しに何も言えずたじたじ。
「本当においしい」と言っているお客に向かってそこまで言わなくてもいいですよね。
女性と大将のやりとりは、Aさんだけでなく お店にいる他の客も見ており、各々胸くそ悪い思いをしつつ黙ってお寿司を食べていましたが、大将はまだ言い足りなかったのかさらに女性に嫌味ったらしくぐちぐちと話し続けます。
ここまで言われると思っていなかった女性は大将の驚きの態度に食べかけの鉄火巻きに手を付けることもできず「すみません」と恐縮するばかり。

さすがに言い過ぎている大将の態度を不快に感じ一言言ってやろうと決意した瞬間!
先に横の相席していた若いカップルが口を開いたのです!

店内に響く声で言い放った言葉とは?

「あーまずい。なんだここ。」
「くそまじーわ。回転寿司の方がよっぽどうまいな。帰ろうぜー。」

さらには「心の狭いおっさんだなあ。ちょっとしたコツくらい教えるのにムキになってるくらいならたいしたうでじゃないんだろ笑」

大将に向かって逆に嫌味を言いながら店を後にした若いカップル。
Aさんたちも食事を終えてすぐ店を出ましたが、若いカップルが店を出てからの大将は言い過ぎたと思ったのか終始無言で仕事を続けていました。

いかがでしたか?
これまで努力を重ね、修行を積み重ねてきた大将の気持ちもわかりますし、黙々と仕事に打ち込む職人さんは口下手な方が多いのもわかるような気がしますが…
飲食・接客を生業としているのであれば話し方や伝え方ひとつで感じ方が変わることを心得ておくべきですよね。今回の大将の対応をみていたお客さんは今後二度とお店に足を運ぶことはないでしょう。人に何かを伝えるというのは簡単なようでとても難しいことです。「人の振り見て我が振り直せ」という言葉がありますが、この寿司屋の大将の話を教訓にしたいものですね。

出典元:cadot

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑